円安のメリット、デメリット

・ドル円レート、8カ月連続上昇

ドル円は2012年9月末の77円台半ばから2013年4月末の97円台後半まで、前月比で7カ月連続上昇し、変動相場制下で過去3回ある最長連騰記録に並んでいた。5月31日は100円台前半で引け、過去最長の8カ月連続上昇となった。

もっとも、月足では8連騰とならなかったまでも、2、3年以上のドル高円安トレンドが続いたことは過去何回かある。
参照:ドル円レート1971年1月~2013年5月

今回の円安トレンドの特徴的な点は、政府・日銀による円売り介入を伴っていないところだ。この8か月間、外貨準備高はむしろ減少していて、それが政府の諸外国に対する「円安誘導ではない」との説明の根拠ともなっている。未曾有の金融緩和も、デフレからの脱却が狙いなので、G7は結果的な円安進行を容認せざるをえなくなっている。

また、過去の円安局面との大きな違いが、貿易赤字が定着しつつある点だ。2011年、12年と2暦年連続で赤字となったが、2013年4月までも10カ月連続の赤字で、5月も貿易赤字が継続する見通しだ。輸出による外貨収入の円転に比べ、輸入の外貨買いは支払いなので、外貨調達に猶予期間を取りにくい。市場にはコンスタントに外貨買いが出易いという、実需面での円売りが、円買いを凌いできているのだ。
参照:日本の貿易収支1985年~2012年

とはいえ、シカゴ筋の円売りポジションが膨らんでいるように、投機筋は大きく円を売り越している。相場は投機筋のポジション調整などで波動を描きながらも、ファンダメンタルズが指し示す方向に向かう。トレンドはドル高円安方向かと思う。

・円安はインフレにつながる

原発は稼働停止したが、代替エネルギーが原発に取って代わるには時間がかかるので、電力源は火力発電への依存を強めている。円安による原油や天然ガスの輸入価格の上昇で、電気・ガス料金が引き上げられている。

また、アップル日本法人がiPadの日本国内での販売価格を予告なしに約2割値上げしたように、輸入品の値上げラッシュが予想できるようになってきた。その意味では、デフレ脱却は着々と進み始めたようだ。

とはいえ、個人所得が増えずにインフレが進行すれば、生活は苦しくなるばかりだ。個人だけではない。輸入製品や部品、原材料や燃料費を、国内販売、サービス価格に転嫁できなければ、事業会社の経営も苦しくなる。アップルのような競争力のある製品を持つ大手ならともかく、下請けや中小企業の中には、コストアップを製品、サ-ビス価格へ転嫁することが難しいところがでてきている。ここが、所得増、消費増がもたらしたインフレではなく、量的緩和や円安など、通貨価値下落がもたらしたインフレの問題点だ。これは円安のデメリットだといえるだろう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 円安のメリット、デメリット