相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7735)大日本スクリーン製造

 四季報2013年春号によると、収益柱の半導体装置低調。液晶装置の期末底入れで補えず赤字。14年3月期は液晶装置が内外で底入れ、韓国向け有機EL塗布装置も貢献。印刷機器安定。半導体装置後半増。営業黒字化。税軽い。復配。
 中期トレンドでは、2012年3月19日の787円を高値に、円高と半導体不況を受けて下降トレンド(A)を形成しました。この中で10月4日の361円を1番底、今年の2月13日の384円を2番底として反発し、3月14日には512円まで戻して下降トレンド(A)を抜け出しました。ここから4月2日の410円まで押し目を入れ、末広がりの上向き三角形(B)の上昇となっていましたが、4月19日に482円で上放れの形となっています。業績は底を打っており、出遅れ銘柄として押し目を買ってみるところです。

(6674)ジーエス・ユアサ コーポレーション

 四季報2013年春号によると、自動車用鉛蓄電池で世界3位、リチウムイオン電池の育成注力。採算よい産業用電池・電源が好調。ただ工場稼働に伴い償却増。営業減益。14年3月期は自動車用鉛電池、産業用電池・電源が増加。増産効果あり自動車用リチウム電池の部門赤字縮小。営業益底打つ。
 2008年10月28日の182円の安値から電気自動車のリチウムイオン電池関連として暴騰し、2009年6月18日には1228円と8ヶ月で6.7倍化となりました。急落後は8月13日の928円まで戻し、その後下降トレンド(A)を形成していましたが、この中で2012年8月3日の286円で底打ちとなりました。その後今年の2月まで350円水準でもみあっていましたが、日経平均の上昇につれて出遅れ修正し、3月8日に475円まで上昇しました。ここから4月4日の362円まで押し目を入れ、4月18日に404円で再び買転換出現となっています。2012年3月10日の475円、今年の3月8日の475円とダブル天井の形となっていますので、このまま4月4日の362円を切らずに475円を突破すれば一段高となってきます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!