今週は1ドル=100円台のせ、日経平均13600円のせに注目

今週は1ドル=100円台のせ、日経平均13600円のせに注目
・・・但し、目先は上値は限定的で、テーマ・材料株へ・・・

<先週は、13004円の安値をつけて反発>
 先週は、週末にG20を控え、円安一服で日経平均も13000円台前半のもみあいを想定しました。中国のGDPの低下から商品相場が急落し、ボストンの爆破テロ事件もあってアメリカ株式が下落し、円安にも一服感が出るなど外部環境に不透明さが増し、16日(火)には一時13004円までの下落となりました。しかし、13000円を守ったことで反発となり、その後は値動きの荒い展開となりましたが、週末の19日(金)は、麻生財務相の「G20で日本の金融政策には反論がなかった」というコメントが出たことで△96の13316円で引けました。週間では168円のマイナスとなり、4週間ぶりの下落となりました。

<4月SQ値13608円を終値で突破すれば一段高だが、上値は重い>
 今週は、G20で「日本批判」を受けることなく経過し、為替が先週は一時96円を切るドル安・円高となったものの、週末には再び99.69円までの円安が進行しており、1ドル=100円を突破できるかが注目となります。日経平均は、シカゴ先物(CME)で13600円をつけていました。
 為替が1ドル=100円を突破する円安となれば、4月SQ値の13608円を終値で上回り、一段高の可能性があります。但し、これまでのように日経平均の指数がそのまま上昇していくのは目先的に難しい相場環境となってきています。対外的には高値更新を続けてきたアメリカ株式にトレンドが転換する可能性があるとの見方が出ています。柴田罫線では、NYダウ、ナスダック共に先週短期の売転換出現となっています。国内では大型連休を控え、利益確定を優先させる動きが出てくる可能性があり、週後半から本格化する決算を前に様子見ムードも漂うかもしれません。
 但し、下げるところでは外国人買いが待ち受けているため、下値は限定的(今のところ13000円水準)といえます。日経平均の上昇が一服すると、安倍首相がアメリカに求めた日本版国立衛生研究所の設立からバイオ関連がテーマとなったり、20日(土)にTPP交渉に先行して参加している11カ国が全会一致で日本の参加を承認したことでTPP関連のテーマも出てくることになります。財政投資関連も出遅れており、テーマや材料株の循環物色となる局面も想定されるところです。

 本日(4月22日)の日経平均は、△220の13537円で寄り付くと4月12日の年初来高値13568円を更新し、一時13611円と4月SQ値13608円を上回りましたが、13600円台には売り物多く、結局は△251の13568円で引けました。為替も100円を前にもみあいとなっており、今週は、1ドル=100円台のせ、日経平均13600円のせができるかどうかに注目となります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は1ドル=100円台のせ、日経平均13600円のせに注目