3月期末に向かって高値圏のもみあい続く

<先週は、キプロス問題でスピード調整を想定するも一喜一憂の動きへ>
 先週の予測として、FOMCで出口戦略の話が出ると波乱要因となるものの、20日(水)に黒田日銀総裁がスタートすることで金融緩和期待が継続し上値を追う可能性もあるものの、「不安がないのが不安」といわれるように高値圏の状況では突然何が起こるかわからないことがあるとしました。

 週明けの18日(月)にユーロ圏財務相がキプロスへの支援の前提に銀行預金者への課税を発表し、これを受けてドルが96円台から94円台へ急落したことで、日経平均は▼340の12220円となりました。この時点では、前週末の大幅上昇の反動もあり、下げても12000円台くらいのスピード調整を想定しました。 しかし、引け後のアメリカ市場で為替が落ち着き、NYダウの下げも限定的であったことで、19日(火)は△247の12468円と反発しました。その後はキプロス問題への決着に関して一喜一憂する動きとなり、休日明けの21日(木)は△167の12635円と4日ぶりの昨年来高値更新となるものの、再びキプロス問題が不透明となったことで、週末の22日(金)は▼297の12338円と大幅反落して引けました。

<今週は、高値警戒感と来週の日銀の金融政策決定会合への期待との綱引き>
 今週は、キプロス問題の再燃次第では下値を試す可能性もありましたが、本日の寄り付き直後にキプロスとEUの間での支援策が大筋合意の報道がなされたことで△169の12507円と高寄りしてスタートとなりました。
 今週は3月期企業の決算期末であり、甘利経済再生担当相が2月9日の講演で「3月期末の13000円を目標に努力する」ということを述べたことで「甘利越え」という13000円超えが市場のターゲットとなっている雰囲気があります。一番心配されていたキプロス懸念が落ち着いたことで、とりあえず目先の悪材料はあまり見当たらず、上値を追っていくのかどうか注目となります。
 下支え材料としては、黒田新日銀総裁による始めての金融政策決定会合が来週開かれますので(就任時すぐにでも臨時の会合が開かれるとの期待は外れました)大胆な追加の金融緩和期待が続くことになります。注目されているのは、明日26日(火)が3月配当権利付き最終日ですので、翌日の27日(水)に日経平均で約82円といわれる権利落ちをすぐに埋めて上昇できるのかどうかとなります。埋めることができなければ目先材料出尽くしとなる可能性もあります。

<ドル・円の柴田罫線での短期チャート(日足に近い形)でドルの売転換出現>(詳しくは為替の短期「チャート2」を参照)
 これまで日経平均は主として円安を大きな材料としてここまで上昇してきました。先週の21日の黒田日銀総裁の就任演説のあとはサプライズ的な発言もなかったことで円が買い戻される動きになっています。新体制になるとすぐにでも臨時の金融政策決定会合が開かれ、思い切った追加緩和策への期待があったのですが、今のところ何も出ていません。であれば、来週の日銀の金融政策決定会合までは目先材料出尽くしとなって円安一服局面となる可能性もあります。
 13000円超えとなるには、やはり為替が3月12日の1ドル=96.71円を上回る円安にならなければ指数の大きな上昇にはなりにくいと思われます。柴田罫線の短期チャートの売転換ですので、来週の日銀の金融政策決定会合で大きな円安の材料が出ると、ドルの売転換が解消して円安トレンドを回復し、13000円に向かう動きが考えられます。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 3月期末に向かって高値圏のもみあい続く