一休 森正文代表取締役社長インタビュー

アベノミクスでさらに輝く“一休”ブランド

一休
代表取締役社長
森正文(もり・まさぶみ)

1962年、東京都生まれ。上智大学卒業後、86年、日本生命保険入社。資産配分立案企画部門、融資審査部門などを経て、98年に同社を退社、プライムリンク(現・一休)を設立。2000年に「一休.com」を開設、05年に東証マザース、07年には東証1部上場を果たす。
 
高級ホテル・旅館予約サイト「一休.com」を運営する一休。今でこそ、顧客満足度の高さや無借金の健全経営などで知られる同社だが、創業当時は苦労の連続だったという。同社のこれまでと今後の事業ビジョンを、森正文社長にうかがった。

──まず、御社の業態についてお話し下さい

 高級ホテルやレストランのインターネット予約サイトを展開しています。主力の「一休.com」は高級ホテル、旅館に特化した宿泊予約サイトです。主なクライアントは、ニューオータニ、オークラ、帝国ホテルの国内御三家やパークハイアット東京、フォーシーズンズといった外資系ホテルで、多くの宿泊予約サイトが一泊7000円~8000円の部屋を中心に紹介しているのに対し、「一休.com」では平均で、一泊約2万3000円の部屋を取り扱っています。
 なぜなら、「一休.com」は高級ホテル、旅館のみが集まっているサイトである、というブランドがインターネット・ユーザーの間で確立しているからです。ここまでブランドを構築できたのは、これまでに当社のスタッフとともに、私自身が足を使って各地のホテルや旅館に懸命に営業してきたことが大きかったと思っています。これまで何度も、朝イチの飛行機で北海道へ飛び、日帰りで帰ってくるといった営業をしてきましたから。
 足を運び、情熱を持ってホテルに営業してきたことが、現在の「一休.com」に結び付いているのです。これは全ての営業の世界で言えることですが、営業の成果は靴の底の磨り減る量に比例するということです。実は「一休」というのは母が飼っていた犬の名前なんです。“一級”のホテルに“一休み”。インターネットのサイト名にはぴったりでしょう。

──そもそも、なぜこの会社を設立されたのですか?

 もともと大学を出て、日本生命という会社に勤務していました。
 しかしC型肝炎を4年くらい患ったときに「このまま大企業の社員でも構わないのだが、人生は限りがあるし、治ったら会社を作りたい」と思ったんです。そこで完治した後に「とりあえず会社をつくりたい」と先輩の女性と一緒に会社をつくりました。
 しかし「会社を作りたかった」ので、創業当初は具体的な仕事がなく、先輩の女性もやる仕事がなかった。その頃、彼女からは「売上げがゼロの会社で、向かいの銀行に行くくらいの仕事なら、9時に出社することはない。2時50分にくれば間に合う」と言われました。非常に合理的な方です(笑)。2ヵ月くらいして、彼女が新聞の求人欄を見ているので「転職するの?」と聞いたら「浅草あたりのデパートで清掃の仕事で働いて、私がこの会社の売上げを作る」と言われました。
 そんな彼女を見て、私も頭の中で考えているだけではなく、ともかく何でもやってみようと考えるようになりました。そして、偶然思いついたのが、インターネットのオークションサイトで、出品してもらうためにあちこち動いているうちに、出会ったのがホテルだったのです。
 その頃、新宿などの高級ホテル街を見ていると、電気がまばらにしか点いていないビルと、電気が煌々(こうこう)とついているビルがあることに気がつきました。電気が点いているビルはサラリーマンが残業で働いているビル。電気の点いていないビルは高級ホテルでした。そこで気がついたのは「あの電気の点いていないビルは究極の在庫だ。あの暗い部屋を明るい灯りで埋められないだろうか」ということでした。
 そこから部屋をオークションに出してもらう事業をスタートしたのです。最初に部屋を提供してくれたのはセンチュリーハイアット東京(現・ハイアットリージェンシー東京)でしたね。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> トップインタビュー> 一休 森正文代表取締役社長インタビュー