S&P 500 月例レポート

S&P 500®

~2月の市場は引き続き上昇、投資家ら史上最高値をにらむ~

少なくともこれまでのところ、空は落っこちてきていない。それだけで喜ぶ投資家の顔がウォール街では散見されました。悪材料がないことが、好材料の新定義であるため、米国が昨年末財政の崖から転落しなかったことを理由に、市場に再び投資家が集まり始めています。850億ドル規模の自動的な歳出削減が発動されてもウォール街が無傷のまま(もっとも、ウォール街のあるダウンタウンの一部は未だハリケーン・サンディ の被害から復旧しないままではありますが)であることから、安心感が広がっています。歳出削減が全く痛みを伴わないと思っている者はいません(2013年の米国の国内総生産(GDP)を0.5%引き下げると大半が予想)が、即座に影響が出るわけではないため、取り敢えず好材料となったわけです。また、昨年第4四半期の米GDPが0.1%増だったという悪材料も、ヨーロッパや日本のマイナス成長に比べれば比較的好材料と判断されました(ヨーロッパではマイナス成長が続く見通しで、日本では景気刺激策が期待されているものの、早期に実施されなければ前途多難が予想されています)。金融緩和策と刺激策をいずれ撤回することに言及した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を嫌気して市場は下落したものの、連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長はその「いずれ」は今ではないと、 金融緩和策維持の姿勢を強調しました。 緊縮財政策に対する不満を反映したイタリア総選挙をめぐり欧州債務危機再燃が懸念される中、市場への影響は一時的でした。市場は楽観的で、「根拠なき熱狂」とは言わないまでも、根拠なき楽観であったと言えるでしょう。2月のS&P500は1.01%上昇し、年初来で6.20%上昇と満足のいく結果となりました。昨年の13.41%の上昇に加えて今月も上昇したことが、短期投資や債券投資を手控えていた投資家らを後押しする要因となりました。S&P500は1514.68で取引を終えましたが、多くの投資家が現在よりも3.3%高い史上最高値の1565.15をにらんでいる状況です。ただ、上を向いて歩くことの難点は、転びやすいということです。

表

表

2月は、S&P 500を構成する全銘柄のうち294銘柄が上昇し(平均で4.57%上昇)、うち25銘柄は10%以上の上昇を遂げています(平均で15.11%上昇)。一方、204銘柄が下落し(平均で4.14%下落)、うち18銘柄が10%以上下落しました(平均で14.63%下落)。堅調な経済指標が市場の下支えとなりました。住宅関連指標の改善が好感され、住宅建設株や一部電気機器銘柄に買いが入りました。食品大手Heinzなどいくつかの大型M&A(合併・買収)に話題が集中しましたが、実行は伴いませんでした。企業が経済に安心感を抱くようになれば、M&Aが大幅に増加すると、多くの専門家が指摘しています。不安定なセクターも多く、コモディティ価格やエネルギー価格の下落(ドル高が石油価格を下支え)を背景に素材セクター(1.74%の下落)やエネルギーセクター(横ばい)が重荷となりました。最も好調だったのが生活必需品セクターで、2月は3.06%上昇し、年初来ベースで8.87%上昇しました(全セクターの中で最高のパフォーマンス)。情報技術セクターは0.38%の上昇とさえない動きを見せたものの、Apple(APPL)の3.1%の下落を除けば1.11%の上昇となりました。アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブから米国における「コロナ」の販売権を取得したことから、Constellation Brands(STZ)が36.7%と大幅に上昇しました。ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイが買収を発表したHeinz, H.J.(HNZ)も19.5%上昇しました。そのほか目立った銘柄として挙げられるのは、業績が予想を上回り、見通しを上方修正し、2月は22.0%上昇したHewlett-Packard(HP)、そして配当の引き下げと増資の意向を発表し、31.8%下落したCliffs Natural Resources(CLF)です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート