円安一服で輸出関連も一服、指数の上値思いが内需株の物色へ

円安一服で輸出関連も一服、指数の上値思いが内需株の物色へ
・・・出来高が細ってきているのには要注意・・・

<先週はイタリアの総選挙の結果を受けて急落するが、週後半戻す>
 先週の予測では、チャートは上放れの形となり、上下動を繰り返しながら12000円を目指す形へとしました。但し、目先は11600円台からは上値重く、イタリア総選挙の結果待ちとなり、大きな悪材料にならなければ11400円台が下値ゾーンとしました。

 25日(月)に海外株式の上昇、TPP交渉参加表明、日銀次期総裁に黒田氏起用の方針を受けて為替が1ドル=94円台の円安進行となり、△276の11662円と2008年9月29日以来の水準を回復しました。しかし、イタリアの総選挙を受けて欧州債務不安からNYダウが急落し、為替もリスク回避の円高となり、ドル/円では90円台、ユーロ/円では118円台の急激な円高となり、日経平均は、27日(水)には▼144の11253円となって、25日移動平均線(27日時点11190円)に接近する動きとなりました。
 その後、FRB議長のQE3(量的金融緩和)は継続するとの示唆をしたことや住宅関連の経済指標の改善を受けて、NYダウは14000ドルを回復して史上最高値をうかがう動きとなり、為替もやや円安基調となったことで、28日(木)の日経平均は△305の11559円、3月1日(金)は一時11648円まで上昇し、△47の11606円で引けました。トピックスは25日(月)の昨年来高値980Pを更新する984Pとなりました。2月を終えて、7ヶ月連続の上昇を記録しています。

<円安は一服傾向にあるものの、内需株が買われて上値目指す>
 3月20日に就任する黒田次期日銀総裁の積極的な金融緩和策への期待から円安基調にあるものの、これまでのような一本調子の円安シナリオは、G20以降は海外からの批判もあって、描きにくいと思われます。そのため、為替は当面92~95円のレンジのもみあいが想定され、その間は安倍政権の政策にあった内需関連が物色されやすいといえます。先週末の3月1日(金)は不動産、倉庫、食品、医薬品、地方銀行が物色されて高値銘柄続伸となっています。

 先週末の安倍首相の施政方針演説をみると、金融政策、財政政策、成長戦略の3本柱の中でも成長戦略に重点を置いています。復興や防災をはじめ、TPP交渉参加をにらんだ農業支援、エネルギー改革、再生医療、クールジャパンなどが盛り込まれています。(クールジャパンとは、日本独自の文化が海外で評価を受けている現象で、当初は主に秋葉原に代表されるようなマンガやアニメ、渋谷・原宿のファッションなどを示していました。要するに日本独自の文化をビジネスとして世界に進出しようというものです。)
 そうなると、株式市場は政策テーマになる銘柄が物色されることになりますので、不動産、倉庫などの含み資産の資産株、バイオ関連株、農業関連株、海洋資源関連株などがその対象となります。

 本日4日(月)は、先週末のアメリカ市場が堅調で、為替も1ドル=92円台から93円台へ1円以上も円安に振れたことで△89の11695円と高寄りし、一時11767円まで上昇しました。しかし、その後は黒田次期日銀総裁の所信表明が終わると円安一服となり、又上海市場が3%近い急落となっていることで上げ幅を縮小し、一時11613円まで下げ、大引けは△45の11652円となりました。高値更新をしているものの、出来高は2月初旬は40~50億株だったものが30億株前後となってきており、一気にこれまでのように大幅に上昇するのは難しくなっているといえます。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 円安一服で輸出関連も一服、指数の上値思いが内需株の物色へ