相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5711)三菱マテリアル

 四季報2013年新春号によると、銅が金属価格想定以下。超硬品等も世界経済減速が影響。ただセメントが復興需要で上振れ。アルミ堅調も効き通期利益は据え置き。持分のSUMCO改善。14年3月期はセメント続伸、超硬品も上向く。
 セメント、銅、電子材料、自動車関連が主力事業。この中でセメントは公共事業復興関連であり、銅は世界経済の回復が追い風になる事業。
中長期のチャートをみると、2008年5月20日の555円を高値に9月のリーマンショックを受けて暴落し、11月21日の166円で底打ちとなりました。ここから2009年6月8日の342円まで上昇するものの、その後は166円を安値、342円を高値とするボックス相場となっています。この中で、2011年3月1日の318円を高値の基点、10月4日の176円を安値の基点とする三角保ち合い(A)を形成してきました。そしてこの三角保ち合いが煮詰まってきたところで、2012年11月14日の210円を安値に反発となり、12月10日に242円で買転換が出現し、三角保ち合いを上放れして今年の1月7日に310円まで上昇し、ここをピークに調整入りとなり、2月1日に287円で短期の売転換が出現し、2月14日の266円まで下げて反発しているところです。ここでは、再度の押し目を待つところです。

(7735)大日本スクリーン製造

 四季報2013年新春号によると、半導体装置が利益柱。ウエハ洗浄装置で世界断トツ。液晶製造装置、CTPなど印刷機器も有力。
 新製品寄与し印刷機器底入れ。が、半導体装置は想定以上に低迷。液晶装置も大型パネル用の投資意欲急減。開発費減で補えず一転営業赤字。繰延税金資産取り崩し。無配転落。14年3月期は採算よい半導体装置徐々に戻り、液晶装置底打つ。
 チャートの形をみると、2010年8月27日の366円を安値に急騰となって2011年3月31日の888円まで上昇し、7ヶ月で2.4倍化しました。その後上値を切り下げ、下値は375円水準で抵抗ラインとなる直角三角形の大きな保ち合いとなっているようにみえます。この中で2012年3月19日の787円を高値に業績が悪化し、10月4日の361円まで大幅下落し、今年の1月4日の545円まで反発するものの再下落となって、2月13日に384円の安値をつけ再び反発して2月18日に483円で買転換出現となり、出来高も急増しています。昨年の10月4日の361円を1番底、今年の2月13日の384円を2番底として赤字転落という悪材料を織り込み、2月18日の483円で買転換出現とみることができます。押し目買い有利の形といえます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!