週間相場展望(2013.2.4~)~ユーロ圏の景況感などがポイント~

 先週(1月28日~2月1日)の国内株式市場は、週初こそ、その前の週の週末にかけて大幅高した反動もあり、利益確定売りを巻き込み、反落してスタートした。しかしながら、その後は外国為替市場において円相場が弱含んだことを好感して投資家心理が盛り上がり、株式市場も買いが先行する展開となった結果、週半ばには日経平均株価は終値ベースで11,000円を回復するなど、上値慕いの様相が強まった。ただ、円相場の下落が一服したり、海外市場が軟化すると上げ足が鈍る一方、円相場が下げると株高が再燃するというように、為替相場に強固に関連した動きが強まった週であったともいえよう。
 
 先週の国内マーケットの特徴としては、日経平均株価が30日(水曜日)に終値ベースで2010年4月下旬以来、2年9ヶ月ぶりに11,000円台を回復したということであろう。昨年の12月19日に、終値ベースで1万円台を回復して以来、1ヶ月強の日数を要することとなったが、早いか遅いかは別としても、足元の相場の勢いを強く感じさせる結果になったことは間違いないのではないだろうか。ただ、この日の売買高が活況を呈していた1月中旬頃までと比べると減少していることを考慮すると、株価指数先物を中心とした強引な引き上げであったとの印象も否めないようだ。
 
 ただ、株高の背景は引き続き円相場が軟化してことというのは衆目の一致するところであろう。先週は、対ドルで1ドル=90円台から同91円台まで、対ユーロで1ユーロ=121円台から同123円台まで円売りが進行、これに併せるように投資家心理も徐々に前向きになり、株式市場も下値を切り上げる格好となった。
 
 一方、国内で注目すべきイベントは2012年4~12月期決算発表が本格化したということであろう。連日のように主要企業の決算が発表されているが、好悪はあるものの、特段マーケット全体の下押し材料となるようなネガティブファクターが見受けられなかったこと、さらに昨秋からの株高を受けて減益幅が縮小したり、円安の効果が散見される例が見られるようになったことが市場心理の悪化を食い止め、先行きの業績拡大への期待感を高めているように感じられた。
 
 さらに、海外の情勢としては、まず米国では週初に発表された12月の耐久財受注や、週半ばに発表された1月のADP全米雇用レポートなどは市場予想を上回る良好な内容になったものの、これまで好調を維持していた住宅関連では、11月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は続伸した一方、12月のNAR(全米リアルター協会)中古住宅仮契約販売指数や1月のコンファレンスボード消費者信頼感指数は悪化するなどまちまちの結果となった。さらに、2012年10~12月期のGDP(国内総生産)成長率(速)は年率換算で前期比0.1%のマイナスと、2009年4~6月期以来、14四半期ぶりにマイナス成長に陥るなど、一部では予想外の結果も見受けられた。12月の個人消費支出は前月比0.2%増、1月のシカゴ購買部協会景気指数は55.6と比較的良好であった。
 
 このような、米国のまちまちの経済指標の結果に反して、欧州ではやや情勢が好転してきたようでもある。例えば、その前の週末に発表されたドイツ1月のIfo景況感指数が104.2と3ヶ月連続で上昇した後、先週発表された1月のユーロ圏景況感指数は89.2と3ヶ月連続で改善するなど、ここにきて欧州の景気指標には立ち直りの兆しが表れつつある。これは、域内債務問題に対する安全網が構築されたことで、個別の債務国に対する信用不安が後退したことが心理的に大きな効果を表していると思われる。このような、欧州経済の回復期待が先週の外国為替市場におけるユーロ高につながったのであろう。
 
 なお、米国の10~12月期の決算発表は終盤に差し掛かったものの、マーケットを震撼させるようなネガティブファクターが出なかったこと、また業績動向が比較的良好な結果になったことも欧米株式市場の安心感につながったと思われる。さらに、中国では2013年の経済成長に対して楽観的な見方が示されたことも内外マーケットを支援する格好になったようだ。
 
 国内では、円安進行に伴う企業業績の回復期待、海外では欧州の景況感の改善、並びに米国主要企業の安定成長といったことが株高を誘発したが、一方では株価の上昇ピッチの早さに対する警戒感や、テクニカル的な過熱感などは意識されており、週後半にマザーズ指数が失速したように個人投資家の資金の逃げ足が速くなっていることには注意が必要であろう。
 
 このような内外の環境下、先週の日経平均株価は前週末に比べて264.69(円2.4%)高と12週連続で上昇した。週間の平均売買高は概算で同0.5%減の34億2,256万株であったが、売買代金は同11.2%増の2兆1,133億円と2兆円を突破した。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 週間相場展望(2013.2.4~)~ユーロ圏の景況感などがポイント~