アメリカ経済は再び復活の兆し・・・柴田罫線の形から将来を読む・・・

 アメリカ経済は再び復活の兆し 
・・・ 柴田罫線の形から将来を読む ・・・

 オバマ大統領再選後、「財政の崖」問題などに直面し、アメリカ経済の回復が懸念されていましたが、ここにきて株価の動きは新しい相場を感じさせる動きとなっています。 大型株で構成されるS&P500は、1月25日(金)の終値△8の1502Pとなって5年ぶりにフシ目となる1500Pを上回り、高値更新を続けており、2004年11月以来の8営業日続伸となりました。NYダウは、昨年高値を更新し△70の13895ドルで引けて、2007年10月11日の史上最高値14198ドルを目指す形となってきました。

― NYダウの柴田罫線(チャート)は上向き先細三角形の上放れへ(NYダウのチャートを参照) ―

  先週の1月21日(月)の分析では、2011年の10月4日の10404ドルからの短期上昇トレンドを追う形で分析してきましたが、ここにきて昨年の10月5日の13661ドルの高値を更新してきたことで、中長期のトレンドで分析をし直すと別の見方がでてきました。
 リーマンショック後の2009年2月9日に6440ドルの安値をつけ、ここから2011年の5月2日の12876ドルまでの大きな上昇トレンドを形成しました。その後は、この年の10月4日の10404ドルまで調整し、ここから12876ドルを基点とする、緩やかに上値を切り上げる上昇と10404ドルを基点に角度の大きい下値を切り上げる上昇、つまり上向きの先細三角形の保ち合いを形成してきました。この煮詰まってきた中で、昨年の11月16日の12471ドルを安値に上昇して昨年来高値を更新し、この上向き先細三角形を上放れる形となりました。2007年10月11日の史上最高値14198ドルを試す形といえます。
先週末までのNYダウは、6日続伸で、13895ドルと2007年10月以来5年3ヶ月ぶりの高値で終わりました。経済指標の改善と2012年10~12月期決算で予想を上回る企業が多く、市場心理が好転し急ピッチな上昇が続いています。ただ急ピッチな上昇だけに何か悪材料が出ると一服する可能性もあります。目先は13500~14000ドルのレンジを想定。

 柴田罫線でNYダウのチャートの形をみる限り、2007年10月11日の14198ドルの史上最高値を更新し、さらに上を目指す可能性は高いといえます。ただし、相場ですので一方的に上げ続けることはなく、また、「財政の崖」問題も先延ばしされただけですので、株価のマイナス要因にはなります。住宅関連指標や雇用問題もまだ不透明ですので、大きな上下動を繰り返しながら、上を目指すことになるかもしれません。NYダウの相場が崩れるとみる場合は、2012年11月16日の12471ドルを終値で切った場合といえますので、ここに注目しておくとよいでしょう。

- 上放れの背景…過剰流動性とアメリカのシェール革命 -

 ここにきて、アメリカ株式が2007年の史上最高値を試す動きとなっている背景は、1つにはFRBのゼロ金利政策による金余り相場となっていることによります。この視点からみると、どこかでゼロ金利政策の変更(出口戦略)が行われるといったん大きな調整がくる可能性があります。しかし、長期でみるとアメリカの株式は30年以上も上昇し続けていますが、その理由は経済が後退期に入る時に、大きなイノベーションが起こるということです。 以前はIT革命、今度はエネルギー革命というものです。

 昨年の9月、オバマ大統領は「100年分の天然ガスが開発可能となる」とシェール革命が企業に及ぼす明るい未来図を示しました。シェールとは泥土が堆積してできた「頁岩(けつがん)」で、この中に天然ガスと原油が含まれています。これまで、この天然ガスと原油を採掘するのが難しく、コストもかかっていましたが、水圧で岩に割れ目をつくってガスと原油を取り出す技術が確立され、コストが急激に低下しました。今後、生産量の急増が見込まれる新しいエネルギー資源の誕生ということで「シェール革命」と呼ばれています。

 従来型の原油やガスで圧倒的な生産力を誇っていた中東やロシアの地位が相対的に低下する一方で、エネルギー輸入国の米国が輸出国に転換する見通しです。エネルギー情報局によると、2020年代初頭には天然ガスの生産が消費を上回り輸出国になると予測しています。又、シェールオイルも国際エネルギー機関によると、米国が2020年代半ばに世界最大の原油生産国になり、カナダを含む北米は2030年ごろに原油輸出が輸入を上回ると見通しています。つまり、アメリカが中東産油国の立場になるということです。エネルギー価格が低下すれば、すべてのコスト減に結びつきますので、アメリカの経済力は再び高まることになります。2020年代はそんなに先のことではないので、長期的に株価はアメリカのエネルギー革命を織り込んだ上昇になりつつあるのかもしれません。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アメリカ経済は再び復活の兆し・・・柴田罫線の形から将来を読む・・・