相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6508)明電舎

 四季報2013年新春号によると、変電事業吸収が上乗せ。太陽光発電設備案件など社会システム寄与大。半導体関連厳しい産業システムは自動車用試験装置で下期挽回。エンジの復興特需剥落こなし営業増益。合弁解消特損ない。増配。14年3月期は社会システム軸に堅調持続。 
 同社は重電5位で、太陽光発電、風力発電、水力発電など再生可能エネルギーも手掛けており、安倍政権が推進するエネルギーのベストミックスに関連する銘柄ともいえます。チャートをみる限り底値圏にあり、出遅れ銘柄です。
 2009年6月18日の644円の高値からの調整で2010年8月26日の241円で底打ちとなり、2011年1月12日の430円まで戻り、その後は東日本大震災もあって、下値は240円水準で堅いものの、上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(A)となりました。この保ち合いの中で261~305円を基本とするボックス相場を形成し、煮詰まってきたところで昨年の11月12日の246円を安値として反発し、12月27日に290円で買転換出現となって三角保ち合い(A)を上放れし、次にボックス相場の上値を試す動きとなっています。
310円水準が目先の上値のフシとなるところですが、3月9日の316円を終値で突破すると350~380円を目指すことになります。

(5641)TDF

 四季報2013年新春号によると、いすゞの連結子会社。トヨタ系も大手納入先。いすゞ向けは堅調だがトヨタ系乗用車部品がエコカー補助金なくなり下期急ブレーキ。歩留まり向上、人件費など抑制を強化しても一転営業減益。2円配。14年3月期はいすゞ向け中心に小幅復調。
 チャートは、2009年11月30日の78円の安値から下値を切り上げる展開となり、この中で2011年2月16日の250円まで上昇したところで3月11日に東日本大震災が発生し、3月15日の90円までの急落となりました。その後は大きな三角保ち合い(A)となっています。この煮詰まってきたところで2012年7月25日の129円、10月11日の130円のダブル底となって反発し、今年の1月4日の161円で買転換出現となっています。押し目買い有利の形です。
 168円水準は三角保ち合いの上値斜線にアタマを押さえられるところであり、一気に抜けるには出来高増を待つところです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!