週間相場展望(2012.12.25~)~年末に向けて動意に乏しい展開を予想~

 先週(12月17日~12月21日)の国内株式市場は、その前の週末に実施された衆院選で自民党が圧勝したことで強力な金融緩和期待が浮上。これを受けて外国為替市場では円売りが加速、株式市場も投資家のリスク回避スタンスが後退し、先高感が強まったことで内外投資家からの積極的な買いが入り、週半ばには3月28日以来、約9ヶ月ぶりの高値水準まで上昇した。ただ、米国の財政問題を巡る協議は楽観の後に悲観が訪れた上、国内マーケットの過熱感などから週末にかけてはやや利益確定売りに押されることとなった。
 
 先週は、その前の週末に実施された衆院選で自民党と公明党が320議席という3分の2以上の議席数を獲得するなど、圧勝を収めた。そして、週初より国内マーケットは政権交代を好感して株高で反応した。特に、選挙前から自民党の安倍総裁が日銀に対して金融緩和圧力を強める発言を繰り返していたこともあり、19~20日に開催される日銀金融政策決定会合では新たにサプライズ的な緩和策が打ち出されるのでないかといった期待感が高まり、週半ばには日経平均株価は10,160円と大台を上回るとともに、今年3月28日以来、約9ヶ月ぶりの高値水準を回復した。
 
 なお、20日に日銀は資産買入基金の総額を10兆円増額する追加の金融緩和を決めた。ただ、マーケットは既に織り込み済みということもあり、その後の影響は限定的であった。
 
 これまでの株高局面では短期筋などが主導する格好となっており、信用取引状況を見ても明らかなように個人投資家などは利益確定売りを優先させていた。しかしながら、先週は個人をはじめ買い遅れていた内外投資家の積極的なスタンスが見られたことが株高を支援したようである。なお、この過程で日経平均株価及び東証一部の各種テクニカル指標では急速に過熱感が高まり警戒する動きも表れたが、市場心理的には先高期待が上回ることとなり、一気に1万円台を回復することになったのであろう。
 
 さて、株高の原動力となった円相場であるが、先週円は対ドルで約1年8ヶ月ぶり、対ユーロで同1年4ヶ月ぶりの安値水準まで下落、チャート的にもトレンドの大きな変化が感じられることとなった。
 
 一方、我が国のマーケットに影響の大きい米国の動向に関しては、週初は「財政の崖」を巡る協議が進展しているということで楽観的な見方が浮上、このことが世界的な株高を演出する一因となった。しかしながら、週半ばには富裕層への減税廃止に関する所得区分を巡って共和党とオバマ大統領の見解の相違が表面化したことで米国でも株高の基調が反転、不透明感が広がる格好となった。
 
 さらに、米国の経済指標では週初に発表された12月のNY連銀製造業景気指数は前月から低下するとともに、5ヶ月連続でマイナス圏にとどまるなど、NY連銀管轄内の製造業の活動は依然として低迷していることが確認された。一方、翌日に発表された12月のNAHB住宅市場指数は47と上昇、6年8ヶ月ぶりの高水準になるとともに、景況感の分岐点とされる50の目前まで迫った。そして、11月の住宅着工統計では着工件数は前月比で3.0%減少したものの、住宅着工の先行指標となる着工許可件数は同3.6%増と、約4年4ヶ月ぶりの規模に拡大するなど、住宅市場を取り巻く環境は良好を維持しているようだ。なお、製造業関連の指標では11月の北米半導体製造装置BBレシオは0.79と8ヶ月ぶりに反発した他、FHFA住宅価格指数、中古住宅販売件数、フィラデルフィア連銀製造業景気指数などの指標も軒並み良好な結果になった。7~9月期GDP(国内総生産)確定値も上方修正されており、指標面からは米国経済の安定が確認されたように思われる。
 
 欧州では、ギリシャへの金融支援が決まったことで債務問題を巡る目先の不安感はひとまず後退した一方、ドイツの12月Ifo景況感指数が2ヶ月連続で上昇するなど、一部では明るい兆しも見え始めてきた。その前の週のドイツZEW景況感指数の改善と併せ、力強い動きであったといえよう。さらに、格付け大手のS&P(スタンダード・アンド・プアーズ)がギリシャの格付けを5段階引き上げたこともユーロ圏に対する安心感を生む背景になったようだ。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 週間相場展望(2012.12.25~)~年末に向けて動意に乏しい展開を予想~