相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4118)カネカ

 四季報秋号によると、樹脂、高分子・発酵で多角製品構成。医薬・食品素材が収益柱に。機能性樹脂は軟調。が、スマホやタブレット向けに電子部材底入れ。医療機器快走続くうえ機能性食品素材や太陽電池の採算改善。営業益上向く。ただ想定超の原料高で食品採算軟化。
 四季報速報によると、9月19日抗体医薬品に本格参入。9月20日発砲スチロールの国内事業の再編。9月26日住宅屋根の陶器瓦に太陽電池を設置する新工法。
 2009年8月13日の720円を高値に下向きの先細三角形(A)を形成し、その煮詰まったところで上放れして2011年2月16日の623円まで上昇しました。ここでのもみあいの途中で、3月11日の大震災が発生し、3月15日の420円まで急落、すぐに5月2日の601円まで反発するものの下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で、今年の3月21日の530円を高値に下落となり、10月1日の370円の年初来安値をつけました。ここで小さな下値を切り上げる直角三角形(C)の保ち合いのあと上放れとなり、11月15日に394円で買転換出現となりました。下降トレンド(B)の中での動きですが、業績からみると水準訂正で450円水準までは期待できるところです。
 8月20日の426円を終値で抜けると450円水準までの上昇が期待できます。基本的には400円以下の押し目を待つところです。

(6369)トーヨーカネツ

 四季報秋号によると、トーヨーコーケン連結化で年商20億円強上乗せ。物流システムが前期損失処理と受注回復で止血。柱のタンクは国内外でLNG案件進捗、石油タンクも国内製油所の耐震改修工事続く。営業益底打つ。
 11月7日の決算発表によると、12年3月期はタンクがLNG国内外新設工事や耐震改修工事も好調で増益。
 昨年3月11日の大震災直後の3月15日の113円を安値に3月25日の235円まで急騰し、ここを高値とする三角保ち合い(A)を形成してきました。この三角保ち合い(A)が煮詰まってきたところで、今年5月29日の143円、10月10日の147円と2点底(柴田罫線では147円のダブル底)となった反発し、12月6日には185円で三角保ち合いを上放れると同時に買転換出現となっています。押し目買いの形です。
 196円から上値は重たくなるところですので、目先は170円台で買って200円前後が利食い目標となります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!