今週は好悪材料にかかわるイベント多く、様子見が基本

<先週は7ヶ月ぶりの高値更新となるものの上値重く、9500円水準のもみあい状況>
 先週の予測では、日経平均が9500円水準でもみあうか、それとも更に一段高になるかはNYダウ次第だとしました。日経平均は為替に連動して動いており、日経平均の上昇は更なる円安が必要で、そのためにはNYダウが上昇してドル買い・円売りとなることが必要としました。
 基本的には、円安が一服であれば9500円水準での一進一退の動きが想定され、アメリカでも同様に「財政の崖」問題や経済指標の結果とからんで、アメリカ株式も一進一退となるかもしれないとしました。

 結局、日経平均は9500円を挟んだもみあいとなり、週前半は終値ベースでは9500円を突破できませんでしたが、12月6日(木)は、NYダウが13000ドルを回復したことや円安方向への強まりで△76の9545円と、前日に続き7ヶ月ぶりの高値更新となりました。しかし、高値更新といっても値幅は小さいので、実態は9500円水準の高値もみあいのような動きといえます。週末の7日(金)は、この日も高値更新するものの上値は重く、引け後にアメリカ市場での11月雇用統計を控えていることで▼17の9527円で引けました。

 引け後のアメリカ市場での11月雇用統計は、非農業部門雇用者数と失業率が共に改善したことで△81の13155ドルとなりましたが、ナスダックはアップルの下落を受けて▼11の2978Pとまちまちの動きでした。為替はNYダウの上昇でドルが買われて一時82.83円まで円安が進みましたが、輸出企業のドル売りで82.47円で引けました。シカゴ日経先物は9545円となっています。

<今週は、強弱の材料が入り混じり、様子見が基本>
 11月14日に野田首相が解散を宣言した後、株式市場は選挙ムードに包まれ、自民党の政権復帰を見込み、選挙後のより踏み込んだ金融緩和策やインフラ投資の期待から、先週後半には7ヶ月ぶりの年初来高値更新となって9572円まで上昇しました。3週間で約10%の上昇となります。

 一般的な見方としては、選挙結果後の自民党政権への期待を織り込んだ上昇であり、選挙の結果によっていったん材料出尽くしとなって、手仕舞い売り優先になるということになります。しかし、一方でアメリカで「財政の崖」問題が早めに合意に達すれば、ドル買い・株式買いとなって日経平均もサポートされるという見方もあります。とにかく、今週から来週にかけて重要イベントが目白押しで強弱感が対立する相場状況となりますので、一般投資家は冷静に行方を見守るのがよいということになります。

○アメリカ市場での強弱材料……先週末の7日(金)の11月雇用統計が大幅改善となったことでドルが一時82.83円まで買われましたが、利益確定売りで82円台前半まですぐ売られました。その理由に、11日(火)~12日(水)のFOMCで追加の金融緩和策が出る可能性があり、そうなるとドル売り・円買いとなるからです。これまで金融緩和策の1つとして行われていた短期債を売って長期債を購入するオペレーション・ツイストといわれているものが今月末で終了するため、その代替緩和策が発表されるという見方が支配的となっています。又、キャピタルゲインの税率が来年から引き上げられるために節税対策として利益確定売りが行われています。アップルの急落は節税対策によるものとみられています。「財政の崖」問題は、要人の発言で一喜一憂していますが、クリスマスまでに合意できればプラスへ、来年に持ち越されるような動きになるとマイナス要因となります。

○日本市場での強弱材料……基本的には、上述したアメリカ市場の動きに左右されるため様子見ムードで上値の重たい展開となり、9500円水準でのもみあいが続きそうです。選挙結果(自民党の政権復帰)でいったん利益確定売りとなる一般的な見方がありますが、単独過半数をとるような圧倒的な勝利であれば、週明けの日銀の金融政策決定会合への期待から上値は重たいものの、高値を更新する(9600~9700円)動きとなることも考えられます。
 需給関係からは、14日(金)にメジャーSQを控えており、仕掛け的な売りや買いが出る可能性があります。11月30日の時点では、裁定取引に伴う現物株の買い残が2兆2027億円と1年9ヶ月ぶりの規模に膨らんでおり、又、円の売り越し数が経験則上の限界水域まで積み上がっているため、目先これらの反対売買が出ると円安・株高が反転することも考えられます。

 以上、強弱材料を挙げただけでも、どちらに転んでもおかしくない状況ですので、これらを自分なりで解読して売買しても、丁半バクチと同じでリスクがあるといえます。
 本日は、△57の9684円と高値更新して寄り付きましたが徐々に上げ幅を縮小し、後場にはマイナス圏へと沈む場面もありましたが、大引けは△6の9533円となりました。しかし、トピックスは▼1の788Pでした。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は好悪材料にかかわるイベント多く、様子見が基本