混迷相場の中で我々はどのようなトレード戦略を取るべきか?

「くりっく365」3桁化記念セミナー開催

「くりっく365」と言えば、公的な取引所が提供するFX商品として、その安心感や取引の透明性には定評がある。2005年の7月に上場し、当初はわずか4通貨ペアでスタートしたが、一律20%の申告分離課税や3年間の損失繰越控除、他の先物商品との損益通算など税制上の優遇措置もあって徐々に人気を集めた。上場後7年を経た現在では26の通貨ペアを取り扱い、口座数は58万超、証拠金残高約2000億円となっているが、これは我が国FX市場全体の20%以上のシェアを誇るFX市場を代表する金融商品にまで成長した。
 そして今年の10月、この「くりっく365」がさらなる進化を遂げた。呼び値の最小価格単位の3桁化である。これまでの1銭単位から0.5銭単位へと最小価格が変更され、これによって、実質的な投資家コスト(手数料)に当たるスプレッドが縮小している。ただでさえ評価が高い「くりっく365」をより安く利用できるのだから、投資家にとっては朗報だ。
東京金融取引所では、11月28日、東京・日本橋で、「くりっく365」3桁化記念セミナーを開催。平日の夜にも関わらず、会場には100名を超える投資家が詰めかけた。冒頭で同取引所証拠金営業部長の大房弘憲氏らが「くりっく365」の特徴や、3桁化の効果を紹介。続いて外国為替の総合情報サービスを展開するガンパウダー代表取締役の鈴木隆一氏による「混迷相場の展望とトレード戦略」と題した講演が行われた。

今年の円高は“不美人投票”の結果

 国際的な為替動向に詳しい鈴木氏はユーロ・ドル、ドル・円、ユーロ・円の為替チャートを示して2012年が混迷相場だったことを説明。世界的なネガティブ材料の中で、「どれも悪いが中でも一番悪いのはどこか、という“不美人投票”が繰り返された」と分析した。
次に各国の現状と見通しに触れ、まず欧州市場については「ギリシャ問題こそ沈静化しつつあるが、スペイン、そして隠れた火種としてオランダなどにも財政破たんリスクが内包されている。さらに欧州各国とも緊縮財政によって財政対応策は講じているが、その反面、経済対策が未着手で、欧州経済全体の視界は晴れていない。結果として、ユーロ売り圧力が続く可能性が高い」と解説。
一方、アメリカ市場への見通しにはやや悲観的で、「オバマ再選によって、下院で野党が多数派を占めるねじれ現象が継続する。そのために、目下最大の課題である“財政の崖”対策が後手に回る可能性があります。特に議員交代の“レームダック”期間に充当するアメリカ議会の年内の動きは注意が必要です」と語った。
さらに景気減速の懸念が広がる中国については、「今後、ASEAN向けの輸出が伸びる」とし、「内需拡大と所得格差解消という課題は残るものの、踊り場から脱して持ち直しつつある」と分析。 また、日本は、「“安倍相場”と言われるように、インフレ・ターゲットを明言している安倍さんのコメント1つで一気に円売り圧力が働く可能性がある」と自民党政権誕生への密かな期待を語った。
では、このような先行き不透明な世界経済の中で、私たちはどのようにFX投資に取り組むべきなのか。鈴木氏は、
「混迷が続く欧米市場などを背景に、ドル・円、ユーロ・円、ユーロ・ドルの為替相場は年々、変動幅が小さくなっています。それを考えると、運用対象を見直すことも必要です。私のお勧めは、取引量が多くてしかも流動性が高い豪州ドル。何といってもテクニカル理論に従順な動きをする通貨なので、比較的予測がしやすいのです。
とは言え、現在のFX相場は総じて言えば大きな社会変動が無く、長期的トレードには不向きです。だから私は短期トレードをお勧めします。
そして、実際の取引に当たっては、まず、前日の市場動向を正確に把握することが重要です。そのためには違う記者が書いた記事を少なくとも3本読み、共通テーマをさがして抽出して下さい。使うチャートは1分足、5分足、せいぜい15分足まで。こうした短期チャートを使って、山の右では売り、谷の左では買い、という基本原則に則って利食いと損切りを早めにし、欲をかかずにこまめに取引を続けていくことが重要です。」
最後は自らが実践する投資術を披露するとともに、あらためて公的な取引所が運営する「くりっく365」の価格の透明性や約定の的確性に触れて、講演を結んだ鈴木氏。その説得力のある内容に、満員の来場者は大きくうなずいて応えていた。

なお、東京金融取引所ではこのセミナーを12月9日(日曜日)に福岡でも開催します。詳しくは⇒⇒http://www.click365.jp/1211_event/index.html

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 混迷相場の中で我々はどのようなトレード戦略を取るべきか?