相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1924)パナホーム

 四季報秋号によると、仮設住宅剥落も利益影響小。環境配慮型軸に戸建て堅調。設計自由度高い新工法導入で原価率上昇するが、売値の見直し、調達や部材共有化進めて後半採算改善。集合住宅、リフォームの需要増勢。分譲はスマートシティが牽引。営業益堅調。
 11月1日付で野村證券が投資判断を3段階評価の真ん中の「中立」から「買い」に引き上げる。11月2日に大幅反発。
 10月9日(火)の終値464円の時点で買推奨しました。三角保ち合いの下放れのあと安値圏で①→②→③となって10月3日の437円で順下げの3点底となって底打ち後、10月5日に473円で買転換が出現したことで、①450~460円台の押し目買いとし、利食い目標を500~520円としました。又、510円を超えるとカラ売りを考えることになるともしていました。
 その後、翌日の10月10日(水)の456円を安値にじり高となり、11月1日に野村證券の投資判断引き上げを受けて11月2日に528円まで買われ、そこから急反落となって11月13日の474円まで押し目を入れています。新政権のもとでは景気対策が期待できますので、再び買われる可能性が高い銘柄だといえます。

(8267)イオン

 10月19日の四季報速報によると、2013年2月期は、上期(12年3~8月期)が前年同期比で営業減益と冴えなかったものの、通期では会社が期初に公表した増益予想を達成できそうだとした。11月1日には仏カルフールのマレーシア事業買収を発表。11月13日には中国でも被害店舗24日に全面再開へと公表。
 中長期のチャートでは、2009年3月13日の525円で底打ちし、上昇トレンド(A)を形成していました。この中で2010年4月23日に1123円の高値をつけた後は2011年3月15日の818円を安値とするボックス相場(B)となっています。今年はこのボックス相場(B)の中で、4月6日の1106円の高値をつけボックスの下限の844円まで下げてもみあい、11月16日に878円で買転換が出現しています。
 先週から円安に振れていることで輸出関連株が買われていますが、いずれ内需株に買いが向かえば買われてくることになります。


 

(6470)大豊工業

 四季報秋号によると、エコカー需要で自動車部品好調。主力の軸受け製品は高機能品が低価格車にも採用進む。積極投資で償却増えるが、タイ水害による部品供給不足一服。製法刷新効き原価改善、営業益水準切り上がる。
 昨年の11月14日の595円を安値に三角保ち合いを上放れし、今年の4月23日に1148円までの大幅上昇となりました。ここから840円まで調整となって再上昇するものの、7月4日の1094円で2番天井となって急落し、8月3日の700円で当面の底打ちとなりました。8月20日の856円まで自律反発後、再下落となり10月15日の702円、11月2日の712円と3点底の形となって反発し、11月16日に812円で買転換出現となって押し目買い有利の形となっています。11月2日の712円から11月19日の849円まで5日間で137円の大幅上昇となっていますので、押し目を待つところです。
 800円水準までの押し目を待つところですが、100株単位で買えますので、少しづつ買い下がってもよいでしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!