相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6632)JVCケンウッド

 8月1日に2012年4~6月期の連結決算発表で、営業利益は前年同期比34%減の大幅減益。7月26日の224円を安値に悪材料出尽くしから買い戻し進行中。7~9月期の為替レート1ユーロ=105円を95円に変更したが、2013年3月期の連結業績予想は据え置く。
 この1年のチャートの動きをみると、昨年の10月5日の249円を安値に今年の2月27日の394円まで上昇し、急激な円高を受けて7月26日の224円まで下落。ここで円高修正ながら通期予想据え置きで買い安心感から急伸し、その後緩やかな上昇トレンド(B)となっています。しかし、ここにきて今年の2月27日の394円からの下降ライン(A)に上値を押さえられており、9月25日の309円を終値で抜けずに上昇トレンド(B)を下に切ると下放れの形となります。
7月26日の224円から9月25日の309円までの1/3押し(281円)水準で止まっていますが、ここを切ると1/2押し(253円)を待って買い、280~300円の利食い目標となります。

(7262)ダイハツ工業

 四季報秋号によると、上期エコカー補助金で国内軽が想定上回る。下期反動減あるが、免税車拡販し大きな落ち込みにならない見込み。インドネシアのローン頭金規制も影響限定的。販促費こなし最高益を連続更新。増配も。
 9月7日にゴールドマンサックスが投資判断を3段階評価で最上位の「買い」から「中立」へ引き下げる。エコカー終了で上半期の利益率を維持するのが困難との見方。
 8月6日(月)の終値1336円の時点で、ここからの戻りの後の再下落で6月4日の安値1251円水準を待つとし、目先は1427円を終値で上に抜ければ損切り前提に、1370~1400円でカラ売りし、1250~1300円で買い戻しとしました。
 その後の動きは、8月8日に1397円まであって1370~1400円のカラ売りゾーンに収まり、9月5日には1217円となって6月4日の1251円の安値を更新し、買い戻し価格も達成しました。新規の買いは1251円水準としましたが、1217円を安値に反発となって9月26日には1344円まで上昇し、反落となっています。
チャートの形を引き直してみますと、下向き先細三角形となっており、安値圏でこの形ができる時は上放れになる確率が高い形ですが、まだ煮詰まりが不足しており、買いは1300円水準でいったん利食った方がよいということになります。

(1871)ピーエス三菱

 四季報秋号によると、労務費高により建築採算低下。後半は公共土木が完工増加、営業益上向く。受注970億円(前期840億円)は、PC技術生かし病院など建築増、土木も高速補修などが牽引、1000億円突破も。
 8月16日の終値356円の時点で三角保ち合いが煮詰まりつつある状況となっており、信用倍率を考えると買い残が極端に多く(50倍)、戻りの後は7月25日の320円を切って下放れる可能性が高いとし370~400円でカラ売りし、320円台でいったんの買い戻しとしました。
その後8月21日に382円まで上昇して370~400円のカラ売りポイントに入り、8月28日に338円で売転換出現となったことで再度のフォローとして8月30日(火)の終値336円の時点で、350円以上あれば追加のカラ売りもしてよいとしました。しかし、9月4日の344円までしか戻らず、追加のカラ売りはできませんでしたが、9月6日には317円まであって、8月16日の時点で買い戻しポイント320円台に到達しました。その後緩やかな小さな上昇トレンド(B)を形成していますが、すでに大きな三角保ち合い(A)を下放れしており、緩やかな上昇トレンド(B)を切って317円を下回ると286円を試す形となります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!