週間相場展望(2012.10.1~)~中国の経済指標やECBの動向に注意しつつ、国内では信用需給に加え、業績修正などの動きに注意~

 先週(9月24日~9月28日)の国内株式市場では、週初は米株安や9月決算銘柄の権利付き最終売買日を迎えるということで権利取りを狙った押し目買いなどが活発化、比較的底堅く推移した。しかしながら、その後は権利を確定した投資家からの売りが出る中、米NYダウが大幅安となった影響もあり日経平均株価は一時、大きく値を崩し、約半月ぶりの安値水準に低下。さらに、欧州債務問題への不透明感や世界景気の減速感などが高まったことで軟調な展開を余儀なくされるなど、これまでの世界的な金融緩和に伴う株高効果が一巡したような印象が強まった週であった。

 まず、先週はその前の週末に米NYダウが反落した流れを引き継ぐ格好で売り先行で始まったものの、翌日に9月決算銘柄の権利付き最終売買日を迎えるとあって押し目買いが入り、小動きで推移した。しかしながら、翌日はNYダウが急落したことで投資家心理が後退する中、権利を確保した投資家からの売りも巻き込みながら日経平均株価は大きく下値を切り下げ、26日には約半月ぶりとなる9,000円台を下回って引けた。

 また、先週はこれまでの日米欧による金融緩和に伴うリスク資産への資金流入期待を受けた株高局面が一服し、高値警戒感、あるいは目標達成感などから売りが出たようにも見受けられる。加えて、先週は領土問題を巡る日中情勢が緊迫化する中、中国景気の減速感が高まったことで上海株式市場が年初来安値を更新するとともに、約3年8ヶ月ぶりの安値水準に低下するなど、株価の底割れ懸念も台頭。さらに、欧州ではスペインを巡って、同国が救済機関に金融支援を要請するのかどうかあいまいなスタンスを取ったことや、同国の格付けへの警戒感、そしてスペインとギリシャでは緊縮財政策に対して大規模なデモが発生するなど、域内の債務問題が再燃したことで投資家の様子見姿勢、なかんずくリスク資産への投資を回避する動きが鮮明化し、世界の株式市場はやや不安定な展開を余儀なくされた。その前の週までの動きと比べると様変わりの様相を呈したことはサプライズであったようだ。

 そして、米国では注目イベントは経済指標の発表であり、特に先週は7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数、同月のFHFA住宅価格指数などの住宅関連、そしてダラス及びリッチモンドの各連銀製造業景気指数などが軒並み良化、米国経済は底堅い状態にあることが確認された。なお、8月の新築住宅販売件数はわずかに減少したものの、販売価格が5年ぶりの高値水準にあるなど市況の回復傾向が続いている。一方、8月耐久財受注が前月比で13.2%減と2009年1月以来、3年7ヶ月ぶりの大幅な減少を記録するなど、製造業の景気の回復の遅れは気になるシグナルであった。ただ、先週は米国経済指標の好調にも関わらず、欧州債務問題や中国景気などに関心が向ったことで世界の金融市場を下支えする効果は限定的であったようだ。

 一方、中国では我が国との領土問題を巡って示威行動が続いたものの、このことが自国経済に少なからず影響を及ぼすといった見方が広がる中、1~8月の工業セクターの利益が前年同期3.1%減と、2ヶ月連続で減少幅が拡大、特に8月単独では前年同月比6.2%減と、今年に入って最も大幅な減少となるなど、足元の景況感はさらに悪化している。このように足元の中国の景気が減速気味にあることが、マーケットにおいて折に触れて追加景気刺激策が浮上する背景となっている。

 為替相場に関しては、世界的な金融緩和期待に伴う株高効果が剥落しそうな中、日米欧ともに株式相場が軟調に推移したことに加え、欧州では特にスペインの財政再建策を巡る動きに不透明感が表れたこと、そして中国景気への懸念などから投資家のリスク回避スタンスが浮上、円を買う動きが活発化した。そして、円は対ユーロで1ユーロ=99円台まで買われる場面が見られるなど、日銀の金融緩和策を相殺させるような強含みの基調が継続した。

 なお、国内では月末かつ四半期末を迎えたことで月末の株価を意識した思惑的な動きが見られた他、3月高値の信用期日を迎えて手仕舞い売りが広がるなど売り買いが交錯、一時は連日のように上昇と下落を繰り返す「ミニ鯨幕相場」が出現するなど、投資家心理が気迷い商状にあることが確認される格好となった。

 このような流れを受けて、先週の日経平均株価はその前の週に比べて239.84円(2.6%)安と2週連続で低下した。週間の平均売買高は同13.2%減の16億94万株、平均売買代金は同16.3%減の1兆264億円であった。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 週間相場展望(2012.10.1~)~中国の経済指標やECBの動向に注意しつつ、国内では信用需給に加え、業績修正などの動きに注意~