相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(2914)日本たばこ産業

 9月10日の四季報先取りによると、収益柱の海外たばこ本数増、高単価品へのシフト進む。国内は震災後の供給減解消で本数反動増。震災後に低下したシェア回復狙い積極投入の販促費を吸収。震災損失消え営業一段増益。9期連続増配。
 チャートをみると、好業績を反映し、昨年の6月20日の1413円の安値から上昇トレンド(A)を形成し、この中で今年の8月16日には2578円の年初来高値を更新しました。その後、8月21日に2415円で、5月18日の2033円の安値からの短期上昇トレンド(B)を下に切り、2200円水準の上昇トレンド(A)でサポートされるかと思われましたが、ここも大きく切ってきました。
 特別の悪材料が出たわけではありませんので理由がよくわかりませんでしたが、9月19日の日本航空の再上場に伴いこの日本航空株を購入するための換金売りの可能性があります。売り出し価格は3790円と決定され時価総額6900億円の規模となりますので、利益の出ているJT株を換金して乗り換えていることは十分に考えられます。この換金による大きな下げを買って、2300円水準のリバウンドを待ってみるところです。

(1952)新日本空調

 四季報夏号によると、原発空調は震災復旧対応や保全対策が中心、新規案件なく後退。一般空調は新規データセンター向けや食品、薬品向け開拓。ビル空調もリニューアル軸に増勢。施工管理徹底し利益続伸。特配継続で増配も。
 チャートをみると、2009年3月26日の819円をつけて、そこからの下降トレンド(A)の中で、2011年3月11日に大地震が発生し、3月16日の310円まで急落しました。ここから2012年3月27日の498円まで上昇後、反落となって5月18日の380円まで下落しました。その後再上昇となるものの、7月20日の485円で戻り高値となって小さな三尊天井を作り、8月29日に458円で売転換出現となりました。チャートの形としては、三角保ち合い(B)を形成しており、業績からみると400円水準が目先の下値抵抗ラインとなるところです。

(6754)アンリツ

 四季報夏号によると、主力の計測器はスマホ製造用がEMS中心に中国で伸びる。LTEのチップセット、端末開発用も好調。情報通信システムは人材再配置で採算改善。営業益高水準。連続増配も。
チャートをみると、2010年5月26日の319円の安値からの上昇トレンドライン(A)の上にあります。この中で今年の3月29日に1122円の高値をつけて、6月4日の757円まで下落し、ここから8月1日の1025円まで反発してもみあい、9月11日に915円で売転換出現となっています。チャートの形としては、3月29日の1122円を高値、6月4日の757円を安値とする三角保ち合い(B)となっており、820円水準以下を待ち伏せするところです。3月29日の高値期日が9月28日に到来しますので、全体相場が軟調であれば投げが出て大きく下がる可能性があります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!