IGマーケッツ証券株式会社 小池一弘代表取締役社長 インタビュー(第3回)

株式投資家のためのCFD入門 第3回

インタビューアー:深田萌絵

“グローバル市場”にアクセスできるCFD取引だから、
世界で実績豊富な証券会社を選びたい

IGマーケッツ証券株式会社
代表取締役社長CEO
小池一弘

1986年、日本証券業協会入社。その後、Nasdaq Japan、Credit Swiss First Boston勤務を経て、トレーダーズ証券代表取締役社長、CMC マーケッツ代表取締役会長・社長を歴任。2011年11月より現職。

リスクを限定しながら、レバレッジの効いた取引を

──実は先日、資金の運用先を乗り換えようと思い立ち、10年以上も現物で持ち続けていた“金”を決済したんです。その時『現物じゃなくCFDで持っていたら良かったかも……』って思っちゃいました!

「CFDなら、レバレッジが効く分、上がっていた場合のリターンは大きかったでしょうからね。もっとも、その逆の可能性もありえます」

──レバレッジって、大きなリターンが期待できる半面、リスクも大きくなっちゃう点が不安要素です。

「例えば『日本国内に住み、日本株しか取引しない』ということにもリスクは存在するわけです。そのリスクを小さくするには、外国株も取引してリスクを分散することですね。しかし、優良な海外企業の株式の購入には資金が要りますし、分散投資という観点では他の資産クラスにも投資資金を振り分けたいところです。

CFDなら、国内外含めて様々な市場にアクセスできますし、適切にリスクを限定しながらレバレッジを上手に活用することによって、比較的小さな資金で取引を開始できます。

そういう点で、投資初心者の皆様にも、比較的挑戦しやすい取引といえるのではないでしょうか」

『法人口座』という選択肢も

──個人投資家向けとは別に、『法人口座』というのもあるんですね。個人口座とは、どう違うんですか?

「当社では、法人向けにもCFD取引のサービスを提供しています。個人口座と同様、株式CFDなら6000銘柄以上、このほかFX、株価指数、債券、貴金属やエネルギーなどのコモディティ、バイナリーオプションといった幅広い金融商品を取り扱っています。

個人口座と法人口座の端的な違いは、レバレッジの倍率です。例えば株式CFDの場合、個人口座のレバレッジ倍率は最大5倍。それに対して法人口座は最大20倍となっています。FXを含むその他のCFDでは、銘柄ごとにそれぞれ設定がありますが、法人口座の倍率は60倍から200倍です。

法人であれば法人口座というのも選択肢のひとつとしてご検討されてもよいかもしれません」

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> トップインタビュー> IGマーケッツ証券株式会社 小池一弘代表取締役社長 インタビュー(第3回)