キユーソー流通システム 岡宗直樹社長インタビュー

物流品質の向上と機能の強化で
新たな食品物流を創造する

消費の伸び悩みや競争激化により厳しい収益環境にある内需系企業で、構造改革を推進させてその環境を打破し収益拡大につなげているところもある。食品物流のトップ企業であるキユーソー流通システムもその一社だが、国内の総物量は減少傾向の中で、利益は経常増益基調を継続している。中期経営計画の最終年度に当たる今期は、様々な構造改革が進展しており、その成果が注目される。現況と進捗状況について岡宗直樹代表取締役社長に話を聞いた。

──食品物流が主力事業ですが、業界でのポジションと強みについてお聞かせください。

 親会社であるキユーピーの倉庫部門が会社の原点です。食品に特化した物流ではリーディングカンパニーを自負しています。食品メーカーからの少量多品種商品を共同配送する共同物流や、外食チェーン、コンビニエンスストア、スーパー向けの専用物流を全国展開しています。さらに冷凍・冷蔵・常温・定温の4温度帯物流のすべてで食品物流をリードしています。親会社およびグループ向け以外の外販比率は約85%。外販比率の高い物流子会社の一社といえ収益の安定やビジネス機会の拡大につながっています。グループ会社にて、海運(船舶輸送)やタンクローリー車を保有し原料調達から店舗配送まで、すべての食品物流を手掛けている総合力ということが他企業にはない強みだと考えています。

──物流品質の向上と機能の強化で、新たな食品物流を創造することを目指されていますが、具体的にはどのようなことですか。

 食品物流業界を取り巻く環境は、個人消費低迷による総物量の減少や荷主の物流費抑制など、従来のように量的拡大が見込みにくくなっています。その一方で食品の安全・安心といった品質に対するニーズが高まるなど、主要得意先の物流ニーズも変化してきております。つまり、物流の効率化を図りながら、品質の向上も同時に、しかもスピーディに対応していく必要があります。保管機能・運送機能を再構築して物流ネットワークを強化することや、グループ各社・協力運送会社と連携して地域密着型の営業を強化することなどに取り組んでいます。

──具体的な事例では小型フレキシブル車両の開発が挙げられますね。

 これは、荷量や用途に応じて荷室スペース(1室から最大3室)をマイナス20℃からプラス25℃まで柔軟に変更できるところが特徴です。2010年5月に開発した4トンのフレキシブル車両を今期、2~3トン車をベースにした小型車両を開発しました。これまでは地方を中心とする共同物流の効率化に活用してきましたが、都市部での活用も可能になります。今後実試験運行を経て、外食チェーンやコンビニエンスストア向けに提案を働きかけていく方針です。車両の特長である1台で3温度帯の食品運搬が可能になるだけに、新たな食品物流につながるかも知れませんね。

──収益体質の改善に取り組まれていますが進捗状況を教えてください。

 連結決算の推移は、売上高は既存の専用物流取引の影響により減収となりましたが、利益はゆるやかではありますが着実に回復しており、手ごたえを感じています。倉庫内業務の標準化や保管・運送機能の再構築、情報系システムの構築、そして土台となる人材育成と活用の強化などの中期戦略と戦略軸に紐付いた施策に取り組んできました。12年11月期見通しの営業利益率は1・6%と利益水準はまだまだ低いと考えています。まずは2.0%台に引き上げていく所存です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> トップインタビュー> キユーソー流通システム 岡宗直樹社長インタビュー