今週は、FOMCでのQE3への対応をみるところ

<ECB理事会の国債の無制限買入計画決定を受け、2/3押し水準より急反発>
 先週のメッセージでは、9月はイベント多く予想以上の下ブレの可能性があるとし、当面の調整の程度は「欧州債務危機」への対応次第になるとしました。又、週末の米8月雇用統計を控え様子見ともしています。
 下値メドは、普通の押し目(上昇幅の1/2押し、2/3押し)で終わらない可能性もあり、そこで買ってもリバウンド率が少なく、売り損なうリスクがあるため、さらに大きな下げを想定した方がよいとしました。

 しかし、5日続落のあと9月6日(木)に8646円まで下げて、2/3押しの8626円に接近して△0.7の8680円で引けました。その後海外市場で、ECB理事会によるユーロ圏加盟国の国債の無制限購入を実施することに合意したことで欧米株式が急騰し、為替も円安進行となりました。そのため、7日(金)の日本市場は△191の8871円で引けました。

 欧米株式は、今年の高値水準まで上昇しチャートでは強い抵抗ラインまできていますので、これを一気に突破できるのかどうかとなります。週末の米8月雇用統計は非農業雇用者数が予想を大きく下回り(予想13万人→9.6万人)、失業率も表向きの数字は低下したものの、仕事探しを諦めた人が多く、実質失業率は11.7%となっています。結果的に、FRBによる追加の金融緩和期待が高まり相場を下支えして、NYダウは△14の13306ドルと続伸して引けました。ドル/円相場は、前日は79円水準までの円安となりましたが、この日は金融緩和期待からのドル売り・円買いとなって78.02円まで円高が進み、78.25円で引けています。

<今週は、FOMCの追加緩和判断の内容に左右>
 先週末の7日(金)は、ECB理事会の国債買取プログラムの決定を受け、欧米、日本の株式市場が大幅上昇となりました。7月26日(木)に、ECBのドラギ総裁の「ユーロを守るためには必要なことは何でもやる」という発言をきっかけに、この日の安値8328円から8月20日の9222円までの上昇となりました。  しかし、今回は世界景気の減速懸念はまだ強く、欧米株式が高値圏にあることや今月末に3月の高値期日が到来することを考えると、日本株式の高値を買う投資家が増加してくることは難しいと思われます。

 強気のシナリオとしては、ECB理事会の国債買取プログラムの決定に続いて、FOMCで量的金融緩和(QE3)が決定されれば欧米株式は上昇し、日本株式に割安感が出てきます。ただし、この場合は日米金利差の縮小でドル売り・円高となりますので、日銀のタイミングのよい追加の金融緩和が打ち出されるかどうかとなります。世界的な「過剰流動性相場」のような状況となれば世界同時株高となり、9220円を突破して95000円が目標となってきます。

 弱気のシナリオとしては、ECB理事会の国債買取プログラムの決定も、国債を買い入れてもらう場合の規制が厳しくスムーズに進まず、欧州経済の悪化も進行していることで再び欧州債務不安となり、又、FOMCでのQE3は先延ばしにされて失望売りとなり、上昇は続かず欧米株式が反落し、日本株式は再度下値模索になるという展開です。

 結局は、「ECB理事会の国債買取りプログラムの決定」を好感して上昇が続くのか、「FOMCのQE3の実施」を期待して上昇するのか、それとも「ECBの決定は挫折する」「QE3は先延ばしになる」ということで下落となるのかをみる必要があります。大きく戻れば保有株のキャッシュ化もしくはカラ売り、大きく下げれば短期リバウンド狙いの買いとなります。

 本日は、為替相場で円高・ドル安基調、円安・ユーロ高基調とまちまちの動きとなっていることで、狭いレンジの動きに終始し、▼2の8869円、トピックスは△2の737Pとなりました。FOMCでのQE3の方向が出るまでは動きにくいところです。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、FOMCでのQE3への対応をみるところ