相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7011)三菱重工業

 7月31日の決算発表で、2012年4~6月期の連結決算は、経常利益が前年同期比15%減の253億円と下方修正。売上高は6%増の6491億円、純利益は96%増の188億円だった。2013年3月期の経常利益は前期比7%減の800億円と従来予想を据え置いた。
 2008年6月6日の高値607円を高値に、9月のリーマンショックを受けて下降トレンド(A)を形成し、2009年2月20日の267円で底打ちとなり、2009年6月12日の423円まで上昇しました。その後は、下値はゆるやかな上昇ラインとなり、上値は400円水準での抵抗ラインを形成しています。
 今年の3月19日に411円まで上昇後、円高を嫌気して7月25日の288円まで下落し、ここから反発となって8月7日に329円で買転換し、8月20日に349円(半値戻し及び5月2日の日足チャートの窓埋め)まであって、目先目標達成から反落となっています。このまま下げると300円水準の押し目待ちとなります。

(8750)第一生命保険

 8月10日の決算発表で、2012年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比66%減の111億円だった。本業のもうけを示す基礎利益は49%減の399億円。前年同期には東日本大震災に伴う保険金が見込みより少なかったために支払い備金の取り崩しを計上しており、その影響がはがれた。2012年3月期通期の業績予想は据え置いた。
 チャートをみると、下向き先細三角形(A)の中で、2011年9月26日の74900円、11月10日の74900円、2012年1月17日の73300円の3点底(逆三尊天井)となって上放れし、3月19日の121900円まで急騰となりました。その後、急反落となり、6月4日には75500円とスタートライン近くまで戻り、7月3日には93800円まで自律反発するものの、再下落となって7月25日には74300円をつけました。 
 その後、2点底の形となって反発し、下降トレンド(B)を上に抜けたものの、8月20日の90900円まで戻してもみあい、8月24日に85700円で売転換出現となりました。(業種別)保険業の指数(下の別表を参照してください)も、8月24日の1428Pで売転換となっており、又、3月19日の121900円で年初来高値をつけており、信用期日が9月18日に到来しますので、最後の投げが出てくる可能性があります。

(1871)ピーエス三菱

 震災復興銘柄の中で橋梁関連として買われ、今年の1月20日には600円の高値をつけました。その後、5月15日の286円まで下落したあとは5月25日に459円まで反発し、三角保ち合い(A)を形成しています。
 8月16日(木)の時点で、三角保ち合い(A)が煮詰まりつつあり、400円台で三尊天井を形成しており、信用倍率の高水準(8月24日時点48.7倍)を考えると、戻りのあとは7月25日の320円を切って下放れするとしています。この時点(8月16日の終値356円)のアドバイスとしては、100株単位でカラ売りできるので、370円台から400円水準にかけて売り、320円台でいったんの買い戻しとしています。
結局、8月21日の382円まで上昇して、三角保ち合い(A)の上値斜線にあたり下落となって、8月28日の338円で売転換出現となっています。8月16日(木)は、上値抵抗ラインを400円とみた370円台からのカラ売りですが、ここでは売転換後の戻りで、350円以上あればカラ売り有利となります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!