☆ビジネス・レポート第三十一号☆

3・11 再生への気構え~不安・ストレスを減らし、有能感を高める~

東日本大震災からの復興には長い時間がかかるでしょう。しかし、私たち日本人には、海外からも称賛されているように、逆境を克服するための粘り強さや勤勉さ、協調性といった気質、思いやりや清貧、勇気といった美徳が備わっています。これに過去20年で大きく進歩したポジティブ心理学や組織行動学などの研究成果を活かして、私たちみんなが、優れた社会を築く使命感で団結・連帯する、よりよい行動を発揮し上達を楽しむ、感心、感激、感謝して肯定的な精神状態を保つといったしっかりした気構え・心構えで対処すれば、この震災の苦難を乗り越え、「失われた20年」を吹き飛ばし、21世紀に求められる明るい未来を築くことができるはずです。

不撓不屈の精神を強化する
人間は、希望を抱き、前向きで肯定的な思考状態にいるときに、健全で、能力を十分に発揮することができます。希望を失い、無力感に陥ったネガティブな精神状態では、余計な不安やストレスが加わり、脳が委縮し、力を出せません。逆境下で、ポジティブに考え、行動するためのポイントは、次の3点です。
第一は、使命感に燃えて、試練を絶対に乗り越える信念を持つこと。例えば、震災で亡くなった家族や友人、同胞のためにも、なんとしても、みんなで智恵を出して、21世紀のモデル都市となる災害に強く、省エネでバリア・フリーのスマート・シティーを建設する、一人ひとりが生産性を倍増するための施策に取り組み、日本を再生するといった使命感を持つことで、挫けず、諦めずに努力することが可能になります。
見習いたいのは、ジェームズ・コリンズ著『ビジョナリー・カンパニー2』で紹介されているベトナム戦争中の1965年から73年までの8年間捕虜として、20回以上の拷問を受け、いつ終わるともしれない苦難を生き抜いた米国のジム・ストックデール将軍の次の心構えです。

 わたしは結末について確信を失うことはなかった。ここから出られるだけでなく、最後には必ず勝利を収めて、この経験を人生の決定的な出来事にし、あれほど貴重な体験はなかったと言えるようにする。

同将軍は、過酷な収容所にあっても、立派な軍人に望まれる行動を取り、仲間に貢献することを常に念頭に置いていたのでしょう。
第二は、信念を貫き通すために自分でできることを確実に実行すること。一朝一夕には、家の再建、町の再興、国の再生はできません。また、多くの人たちの協力が必要です。個人ではコントロールできないことが多く、短期間には思ったことが実現されません。自分の力の及ばないことばかりに気にかけていると無力感に陥ってしまいます。
無力感に陥らないためには、自分でできることを実行し、一歩づつでも前進していることを実感するのが一番です。できれば、自分の強みを生かした主体的な行動をとることが望まれます。強みを発揮できれば、上手く行く確率が高まります。押しつけられたことや得意でないことを横並びで無理に行なうのは効果的ではありません。
第三は、家族、仲間、同僚をはじめとして、広く連帯・団結すること。お互いに支え合い、助け合って努力することができれば、絆が強まり、精神的にもストレスや不安を和らげることができます。また、一人では不可能な偉業を達成することができます。
日本では平和で平穏な時期が長く続き、個人の権利主張が強くなっていたのではないでしょうか。松下幸之助氏は、オランダを訪問した際に、道路計画用地に郵便局だけが残っているのを見て、不思議に思い、その理由を聞いたところ、民家は計画発表とともにみな引き払ったが郵便局のみ業務移転の関係で残っていると言われ感心したそうです。私たちは今こそ、日本の社会と経済の再生のために連帯しなければなりません。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ☆ビジネス・レポート第三十一号☆