相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(9945)プレナス

 会社四季報によると、直営軸に出店加速。期中純増は定食48、弁当200規模。中食需要やブランド認知度向上で、弁当既存店が客数増続く。FC向け食材卸も拡大。『幕の内』など売れ筋に絞り込み廃棄ロス圧縮。米価上昇こなし、営業益続伸。資産除去債務特損ない。
 中長期のチャートでは、大きな三角保ち合い(A)を上放れしたものの、今年の4月16日の1599円まで上昇したが、2009年3月26日の1600円を突破できず、下降トレンド(B)を形成しつつあります。この下降トレンド(B)の中で7月4日に1558円の戻り高値をつけ、8月7日には1397円で売転換が出現して、終値で6月14日の1401円をいったん切っています。大きく戻ればカラ売り有利となりますが、7月31日の1487円を上に抜ければ1550円水準までの上昇の可能性はあります。

(7762)シチズンホールディングス

 8月10日発表の4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比16%減の20億円だった。売上高は3%増の652億円、営業利益は30%増の32億円となり、主力の時計事業で電池時計や太陽光発電付きといった付加価値の高い製品が国内で伸びたことが寄与した。通期の連結売上高を前期比5%増の2850億円に上方修正。営業利益と純利益は従来予想を据え置いた。
 2010年4月15日の697円からの下降トレンド(A)の中で、2011年9月26日の352円で底打ちとなり、ここからの反発で下降トレンド(A)を上に抜けて、今年の3月28日に537円まで上昇しました。ここをピークに調整入りとなり、7月26日の396円まで下落して反発し、8月13日に450円で買転換出現となりました。チャートの形をみると、2011年1月6日の586円を高値、9月26日の352円を安値とする三角保ち合い(B)の形となっており、ここでの買転換は三角保ち合い(B)の上値斜線の500円水準が大きな抵抗ラインとなります。


 

(8035)東京エレクトロン

 7月30日の決算発表で、4~6月期の決算は、連結営業利益で90億円前後と前年同期比61%現用。通期の連結純利益を300億円から140億円に下方修正。7~9月期の受注も弱いことを示唆。
 チャートでは、2011年1月19日の5780円の高値からの下降ライン(A)の中にあります。この中で、2011年8月26日の3335円、10月4日の3325円のダブル底をつけて、今年の3月27日に4950円まで上昇しました。しかし、ここをピークに円高進行と世界経済の景気後退からの半導体の需給悪化を受け大幅下落となって、6月4日に3340円の安値をつけ、6月25日に3850円まで反発後、再下落となって7月26日に3305円と安値を更新しました。しかし、3305円を安値に反発となり、7月31日に3675円で買転換が出現し、日経平均の指数を引き上げるために先物主導の動きとなり、この中で日経225の構成銘柄であり連動性の強い値ガサ株として買われています。25日移動平均線、75日移動平均線を突破し、次は200日移動平均線(8月13日時点4076円)が目先の上値抵抗ラインとなります。4000円を超えるとカラ売り有利となります。


 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!