人生の幅を広げる充実の夏休みを! 映画、芸術に触れる株主優待

いつも仕事に追われて自分の時間が持てない人も、イザ夏休みが取れると手持ち無沙汰になりませんか? 普段は学校や習い事、部活と忙しい子どもたちも、夏休みには時間の余裕ができるかもしれませんね。
そんなとき、映画や芸術、古典芸能などを通して「誰かの人生を垣間見る」体験をしてみませんか?

東宝の株主優待は株主カードと、保有株式数に応じて映画招待券、映画優待割引券、演劇招待券などを受け取ることができます。TOHOシネマズで映画を1本見ると、大人の場合1,800円がかかる映画館が多いので、招待や割引が受けられるとうれしいですね。

時間のある夏休みだからこそ「映画は最後まで観る」ようにしましょう。最近の映画は、エンドロールの演出がとっても魅力的になっていますよ。制作に携わった人の名前が羅列されるだけでなく、映画の内容をダイジェストで振り返ることができたり、エンドロール後も物語が続いていたりします。私は、
●2011年6月公開「SUPER 8/スーパーエイト」のエンドロール中に放映されるサイドストーリー
●2012年4月公開「バトルシップ」の、エンドロール後に待っているどんでん返し
これには、本当に感心しました。皆さんも、どうぞ室内の明かりが灯るまで、じっくりと楽しんでくださいね♪
なおパルコの株主優待でも、シネマ招待券がもらえますよ。

高島屋の株主優待といえば「買い物をしたときの10%割引」が嬉しいですよね。
実はもう一つ、魅力的な株主優待があるんですよ。それは「高島屋文化催」の有料の催しで、株主優待カードを提示すると、3名まで無料で入場することができる、というもの。

「高島屋文化催」とは、国内外作家、美術館所蔵による絵画や工芸の展、いけばな展など幅広い文化を紹介する催しです。
2011年の開催内容を見ると、
●5月の「がんばろう!日本 大河ドラマ50の歴史展」
●8月の「きらめくビーズの世界展」
●9月の「第34回 日本の象牙彫刻展」
など、興味深い催しがいっぱい! 夏休みに、お子さんやお友達と一緒にじっくり楽しめると嬉しいですね♪

歌舞伎座の株主優待は「劇場歌舞伎座招待券」をもらえます。
現在は歌舞伎座が建て替え中ですので、株主優待も一時的に変更されていますが、今から歌舞伎座の株を購入する人には、ほぼ関係がない変更です。

古典芸能には「言葉がわからない」というイメージがあるかもしれません。会場・公演によっては次のようなシステムがありますので安心です。
●舞台の上・横などに字幕表示
●イヤホンガイドという、機器を借りて音声ガイドを聞きながら観劇するシステム
●物語を現代語でわかりやすく解説するパンフレット

古典芸能は上演時間が長めですし、事前の予習で物語を知ってから観劇するほうが、楽しみが深くなります。じっくり観劇を楽しむためには、時間のある夏休みがぴったりなんですね♪

私は映画(特に洋画)や古典芸能が大好きです。大阪の人間なので月に1度は文楽を観に行きますし、歌舞伎や能・狂言にも惹かれます。

忙しい仕事の合間を縫ってでも、映画館や劇場に足を運ぶのは「他の人の人生」に興味があるから、なんです。

私たちは、ただ生きているだけでは、1人分の人生しか生きられません。しかし、映画や芸術、古典芸能などを通して、他の人の人生を疑似体験することができます。疑似体験の中で感じたことを自分の人生に活かすことができれば、人生の幅がずっと広がると信じています。

皆さんの貴重な夏休み。どうか充実した時間となりますように♪

◆8月に権利確定を迎える銘柄数 84

◆8月の権利確定スケジュール

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 株主優待> 人生の幅を広げる充実の夏休みを! 映画、芸術に触れる株主優待