戻りは限定的、大きく戻せばキャッシュ化優先

戻りは限定的、大きく戻せばキャッシュ化優先

<いったん下値模索となるが、ECB総裁の発言を受け急反発>
 先週の23日(月)の時点では、20日(金)にトピックスに柴田罫線で売転換が出現したことや、欧州債務問題の再燃から日経平均は下値模索の動きになるとしました。また、日本を除くと欧米の株価はそれほど下がっておらず、スペインの国債利回りの急騰をきっかけに欧州債務問題の拡大となれば、欧米株式の調整入りに連動して日経平均は下値模索となることを想定しました。  日経平均が反発するには予想外の好決算やFRBのQE3の具体化でNYダウが13000ドルを突破するような動きとなるか、円高が一服して円安基調になるぐらいしかないとしました。

 週前半は、欧州債務問題の再燃からユーロが売られ、円高基調が続いたことやNYダウも下落したことで、25日(水)には▼122の8365円となって、先々週想定したような6月4日の8238円に対するダブル底をつけるような動きにもなってきました。  しかし、欧州安定メカニズムの機能拡大や追加緩和策の期待から欧州債務不安が後退し、アメリカ企業の好決算もあってNYダウが反発に転じてきました。26日(木)にはECB総裁の「ユーロ圏を守るためには必要な手段は何でもとる」との発言を受け、△211の12887ドルとなりました。週末の日経平均も大型株が買い戻されて△123の8566円と8500円を回復して引けました。

<今週は、ECB総裁の発言の内容の具体化とFOMCのQE3への対応を確認>
 今週は、8月1日(水)のFOMC、2日(木)のECB理事会、3日(金)の米雇用統計を控えて動きにくい状況だといえます。特に先週末のECB総裁の「あらゆる手段をとる」という発言がどういうものなのかを確認することになります。
 ドラギ総裁の発言は、正確には「ECBはユーロ圏を守るためには責務の範囲内で何でもやる」というものです。つまり、総裁の立場(権限)内でという前提がありますので、これは当たり前のことを言っており、新しい好材料が飛び出したわけではありません。世界の株式が下落し、ユーロが大幅に売られ、債券利回りも高騰していたところに出た材料であり、巻き返しが起こったということでしょう。その前の統一銀行監督制の導入の検討(ユーロの統一に続いて、銀行の統一)があったり、アメリカではFRBが「景気が悪化すればすぐに金融緩和を行なう」と発言していたことも大きな反発のタイミングとなったものと思われます。ECB理事会で期待するものが出なければ失望売り、予想通りのものであれば材料出尽くしとなってユーロの買い戻しが止まり、株価も下落となる可能性があります。

 NYダウは、先週末は、ECB総裁の発言を好感し、さらに4~6月期GDPは減速となっているものの予想の△1.4%を上回る前期比年率△1.5%だったこともあり、△187の13075ドルと約2ヵ月半ぶりの高値水準となりました。FOMCでのQE3への期待もありますので、1日のFOMCも注目となります。
 今週は、基本的には、上値は限定的ながら戻りを試す展開が想定されますが、ここでは保有株のキャッシュ化を考えるところです。出来高、売買代金は増加しておらず、買い戻しによる上昇とみるべきです。
 本日は△92の8658円と高寄りして始まりましたが、戻り売りと利益確定売りに押され一時8589円まで上昇幅を縮めましたが、大引けにかけて買い戻され△68の8635円で引けました。売買代金は8715億円と低水準のままです。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 戻りは限定的、大きく戻せばキャッシュ化優先