相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1815)鉄建

 四季報夏号によると、受注は鉄道、一般向け建築とも伸び1360億円(前期比19・7%増)。繰り越し工事は減少しても鉄道関連が牽引。建築の労務費高水準続くが原価管理徹底し吸収。営業益底入れ。JR東日本の耐震補強対策関連銘柄。7月3日にJR東日本は耐震補強のさらなる強化を発表。これまで取り組んできた橋脚の耐震補強を前倒し。
 チャートをみると、2010年10月12日の65円で底打ち後、2011年3月23日の156円まで上昇。ここから9月26日の77円、11月22日の78円とダブル底をつけて反発し、今年の3月8日に144円まであって下落し、6月4日の83円の安値をつけて再反発、三角保ち合いの形となっています。耐震銘柄として物色されており、今年になって出来高も増加しており、現時点では信用買い残が多いので戻り売りが出やすく、そのため大きな下げを待つ必要があります。90円水準以下を待ってみるところです。

(4689)ヤフー

 四季報夏号によると、主力のネット広告は前期末始めたスマホ向け貢献小粒。ただ、従来の検索連動型、表示型上昇。求人、不動産の情報掲載や通販、ゲームも高水準。ポイント関連の販促負担増等こなす。最高益更新。
 下降トレンド(A)の中で、2011年9月26日の21910円で当面の底打ちとなり、大まかに22000~28000円のボックス相場(B)を形成しています。日経平均が今年の最安値をつけた6月4日の8238円の時に21650円の同じく今年の最安値をつけて反発となり、7月12日の27360円まで上昇しました。ボックスの上限近辺であることからこの水準でもみあい、7月19日には27430円まであって2山形成となり、ここから下落して7月23日に26060円で売転換出現となりました。
 日経平均の調整が続くことを想定すれば、6月4日の21650円の安値から7月19日の27430円までの上昇幅の2/3押し(23577円)水準以下を待ってみるところです。ボックスの上限から下限に向かう調整の可能性は高いといえます。

(2193)クックパッド

 四季報夏号によると、13年4月期は主力の料理レシピサイトがスマホ経由中心に有料会員着実増。前上期に震災影響受けた広告、販売支援は手法多様化もあり復調。人材採用等の負担こなし純益更新続く。連続増配も。
 今年の1月20日の1500円を安値にもみあい、多くの買い法則が出現したあと、2月27日の1669円で上放れとなり、4月10日の2424円まで大幅上昇となりました。ここから急反落となって6月4日の1602円まで下落し、再び急反発となって7月2日の2270円まで反発しました。しかし、ここが2番天井となって、もみあったあと7月24日に2065円で売転換出現となっています。大きくみると1月20日の1500円を安値の基点、4月10日の2424円を高値の基点とする三角保ち合いを形成しており、この中でまずは下限を試す動きとなりそうです。待ち伏せ買いは1800円水準以下となります。

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!