週間相場展望(2012.7.23~)~企業業績と景気見通しに注目~

 先週(7月17日~7月20日)の国内株式市場は、週初より外国為替市場において円買いが進行、警戒感が広がったことで株式相場は弱含みでスタートした。しかしながら、安住財務相が円高けん制発言をしたことで一時的に円買いが一服、株式相場も為替相場に合わせるかのような展開となり、日経平均株価はプラスでスタートした。その後も、米FRB(連邦準備制度理事会)議長の議会証言や米国主要企業の決算、並びに米国経済指標を見たいといったムードが広がったが、結果的に金融緩和観測が根強く残った上、米国企業業績も事前の予想ほど悪くないという見方が台頭、株式相場は比較的底堅く推移した。
 
 先週の国内株式市場は、国内は3連休の後でもあり取引日数は4営業日であった。その前の週末に中国では4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率が前年同期比7.6%増となり、6期連続で前の期の伸び率を下回った。しかしながら、実績数値が市場予想並みにとどまったことで安心感が台頭、この日の欧米株式市場は好意的に反応した。また、同時に発表された6月の鉱工業生産は前年同月比9.5%増、小売売上高は同13.7%増、非農村地域の固定資産投資は同20.4%増と、いずれも底堅い結果となった。これを受け、中国経済減速への懸念はやや遠退いたとの見方が広がったものの、鉱工業生産は3ヶ月連続で1桁台の伸びに留まった上、同国首相が先行きへの懸念を表明するところなど、経済活動の拡大ペースが鈍くなっているといわざるを得ないであろう。
 
 このことが為替市場における円買いの一因になったと推察されるが、一方米国では企業業績や経済指標に関心が集まった。前半に発表された半導体世界最大手インテルの決算は好悪の内容が混在する結果となり、その日の時間外取引で株価は乱高下したものの、翌日になると事前予想ほど悪くないといった見方が浮上、株価が大きく上げたことでNY市場に楽観的なムードが広がった。さらに、バーナンキ米FRB議長の議会証言では具体的な金融緩和について踏み込んだ見解は示されなかったものの、マーケットではいずれ追加の金融緩和に踏み切るとの思惑が広がり、このこともNY市場を心理的に下支えする背景になった模様。
 
 なお、欧州に関してはギリシャやスペインの財政問題を巡る動きが小康状態になったことで、マーケットでは特に悪材料視されることもなく、比較的落ち着いて推移した。欧州情勢に関しては、先週は無事に通過したといえよう。
 
 一方、その前の週に注目経済指標が発表された中国では、引き続き景気の減速に対する警戒感が根強く、上海株価指数は低迷状態から脱せず、18日(水)には年初来安値を更新するなど株価下落リスクが高まった。中国経済の不透明感を受けて国内でも中国関連銘柄が軟調に推移するなど、輸出型業種や製造業などが冴えない展開となった。
 
 そして、国内では主力の輸出関連銘柄やハイテクなどが軟化したことでTOPIX(東証株価指数)が約3年ぶりに9営業日続落するなど、大型株に対する売り圧力は強まった。反面、為替相場や外部環境に影響されにくい内需系好業績銘柄が循環物色され、4~6月期決算の発表を前にそれらを先回り買いするような動きも散見された。
 
 国内の経済指標としては、週半ばに首都圏マンション販売が発表された。結果は、前年同月比16.4%増と大幅な伸びになった他、契約率は78.7%と、好不調の分かれ目とされる70%を10ヶ月連続で上回った。同時に発表された2012年上期(1~6月)の発売戸数は前年比14.0%増と好調に推移した。マーケットでは、世界的な金融緩和期待の高まりもあり、不動産株が物色される地合いが継続した。
 
 先週の国内マーケットでは、日経平均株価は外部環境の不透明感やイベントを控えていることで比較的狭い範囲内の動きに終始。しかも、週初より25日移動平均線を上値抵抗線にじれったい展開となったものの、週後半には5日移動平均線を上回るなど、明るい兆しも見えてはきている。ただ、相変らず売買のボリュームは低調なままであり、投資家の疑心暗鬼の心理は根強く残っている。米国の動向は当然のことながら、国内マーケットが自力で動くには決算発表の結果にかかっているのではないかといったムードが感じられた一週間であった。
 
 この結果、先週の日経平均株価はその前の週に比べて54.25円(0.6%)安と2週連続で下落した。週間の平均売買高は同1.1%増の15億4,514万株、平均売買代金は同1.2%減の9,176億円であった。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 週間相場展望(2012.7.23~)~企業業績と景気見通しに注目~