トーエル 中田みち代表取締役社長インタビュー

櫻井英明のトップ放談 第13回

「火」と「水」のライフライン事業で
社会に「安全」「安心」を実現する

株式会社トーエル
代表取締役社長
中田みち(なかた・みち)

1965年、神奈川県生まれ。86年に東京エルビー瓦斯入社。同社取締役、東京興発代表取締役などを経て、2001年7月にトーエル常務取締役に就任。2010年7月より現職。
 
 
震災以降、急激に高まっている人々の「安全」「安心」への意識。創業50年目を迎えるトーエルは、現在の社会で最も重要な、この部分をドメインとする社会インフラ構築企業なのだ。

──まず、御社の業態についてご説明下さい

 当社は「火」、「水」、「空気」という生活に密着したライフライン事業に携わっています。おかげさまで、今年、創業50年目を迎えることになります。火はLPガス、水はピュアウォーターの事業を手掛けてまいりました。
 トーエルの事業の基盤であるLPガス事業は、消費大国の日本においてエネルギー・ベストミックス構築に不可欠なファクターの1つであり、まだまだ発展の余地があります。
 当社は、外食産業等の業務用・ツープラトンシステムの工業用・LPガスによる発電・太陽光発電とそのハイブリッド化を積極的に展開しております。今後もトーエルの最大の強みである「物流の合理化」を推進し、トーエル独自の直線配送システム・湾岸直送システムを研究・開発し、さらにコストダウンを図る方向です。

──ウォーター事業についてはいかがでしょう

 トーエルの2本目の柱として拡大基調のウォーター事業は、世界的ブランドの「ハワイウォーター」をさらに浸透させるとともに、地震等のリスク管理も考慮した国産ピュアウォーター「アルピナ」を平成18年より製造販売し、顧客数も順調に伸びてきました。「アルピナ」は、自然豊かな北アルプスの天然水を原水として製造しております。また8リットルボトル・ワンウェイ方式の取扱いも開始し、全国展開しております。
 東日本大震災直後の水不足の時は電話の基地局もパンクするほどの注文がコールセンターにありましたが、今はだいぶ落ちついてきました。それでも出荷数は前年比でかなり増加しています。当初は備蓄用や災害グッズなどの短期需要としてお求めいただいたのではないかという懸念もありました。ですがおかげさまで、今回がきっかけとなり、便利さと美味しさに気が付いていただいたかなりのお客様が、リピーターになっていただきました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> トップインタビュー> トーエル 中田みち代表取締役社長インタビュー