第12回Jリート取材レポート

Jリート(不動産投資信託)が誕生して10年。ミドルリスク・ミドルリターンの金融商品として認知が広がるなか、いまの運用と将来性について、Jリートの運用に携わる資産運用会社に1年間かけて取材を行います。
最終回である今回は、いちご不動産投資法人、スターツプロシード投資法人、トップリート投資法人、それぞれの資産運用会社から特長や今後の展望などについて伺いました。

~ 投資法人の素顔 ~

いちご不動産投資法人(証券コード:8975)

2011年11月にFCレジデンシャルと旧いちご不動産投資法人との合併によって誕生した投資法人。5~20億円前後の中小規模のオフィスビルや賃貸住宅を中心に全国69物件、1,060億円のポートフォリオを構成。主な物件は「COI新橋ビル」。

運用会社:いちごリートマネジメント株式会社

>>続きを読む

 

スターツプロシード投資法人(証券コード:8979)

ピタットハウスをはじめ、賃貸住宅の建設、仲介、管理を総合的に行うスターツグループの親会社であるスターツコーポレーションをスポンサー企業とする投資法人。首都圏主要都市を中心に「プロシード」の名を冠する賃貸住宅を保有している。

運用会社:スターツアセットマネジメント株式会社

>>続きを読む

 

トップリート投資法人(証券コード:8982)

住友信託銀行・新日鉄都市開発(新日本製鉄グループ)・王子不動産(王子製紙グループ)をスポンサーとし、旗艦物件は「日本電気本社ビル」。テナントの多くは上場企業の本社または主要拠点が多く、安定した運用に強みを持つ。

運用会社:トップリート・アセットマネジメント株式会社

>>続きを読む

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> 第12回Jリート取材レポート