第11回Jリート取材レポート

【Jリート全般について】

7.個人投資家にとってJリートの銘柄選択に役立つ経済指標や参考数値の見方等があれば教えてください。(「このような指標を見てJリートの魅力を分かってもらいたい」「この指標の意味するところは、実はこのようなところにあることを分かってもらいたい」など)

Jリートには、オフィスビルや住宅、商業施設、インフラ施設など、投資対象市場を特化しているリートが数多くあります。オフィスの中でも大規模オフィスを中心に投資しているリートもあれば、KRIのように中規模オフィスを中心にしているリートもあります。これらの不動産は価格や賃料などが経済局面によってそれぞれがやや異なった動きを示しますから、こうした特化型のリートを組み合わせて投資することも検討に値すると考えています。

KRIのウェブサイトでは、保有物件の紹介や稼働率、決算説明会の動画配信など、タイムリーな情報を数多く開示しています。
http://www.kdx-reit.com/

また、個人投資家向けのサイトとして、初めての方でも一目で「わかりやすい」、個人投資家の「知りたい」に応え、私たちの「伝えたい」を届けるコミュニケーションページを開設しています。ぜひ一度ご覧ください。
http://www.kdx-reit.com/individual/index.html

8.Jリートの普及が伸び悩んでいる(個人投資家のうちJリートの仕組み等を理解している割合は3年続けて30%程度にとどまっているとの調査結果があります)要因は何だと思いますか?

現状のJリート全体の時価総額や個人投資主の比率から考えると、個人投資家への浸透度はもっと大きくなる余地があると考えます。KRIも個人投資家向けセミナーへの参加やインターネットを活用したIRに取り組んでいますが、引き続きリートの理解促進に向けた努力を続けていきます。

9.Jリートの普及を図るためには、どの業界の協力が不可欠ですか?また、その理由(例:証券、銀行、ネット証券、マスコミなど)

まずはJリート業界自体が金融機関やマスコミに対してJリートのメリット、仕組みなどについて継続的に説明、アピールしていくことが重要だと考えています。

10.不動産証券化全体の市場規模が22兆円といわれる中、現在のJリートの時価総額合計は3.5兆円程度ですが、今後のJリート市場の見通しはいかがですか?(運用資産規模、社数、認知度など)

Jリートは、①上場していることにより流動性が確保されていること②仕組みがシンプルであること③情報開示の透明性が極めて高いこと、という大きな特長を持っているため、今後の不動産市場の回復過程で大きく成長していくと考えています。

【不動産業界について】

11.Jリート(不動産投資信託)ではなく、不動産投資(投資物件、マイホームなど)の魅力とリスクについて教えてください。併せてJリートである場合にその魅力とリスクはどう変化するか、教えてください。

不動産投資は、自らの判断で物件の運用を行うことができるため、手数料などが控除されることなく、物件から生み出される利益を享受することが可能であり、比較的高い利回りを期待することができます。その反面、初期投資に多額な資金が必要で、その運用に手間がかかるうえに、物件そのものの流動性が低く、売買のタイミングを判断するには高度なノウハウが求められます。
一方、Jリートの魅力として、分散された不動産ポートフォリオへ少額の資金で投資できること、証券取引所を通じて売買ができるため流動性が高いことに加え、不動産のプロが運用を行うため、不動産の知識はあまり必要なく、各種手続きの手間も省けるなどがあげられます。

12.今後の不動産市況の見通しについて

オフィスビルの賃貸市場については、都心5区での新規のオフィスビルの供給は2012年がピークとなり、2013年は2012年に比べて供給が大きく減少することが見込まれています。過去においてオフィスビル空室率のピークは新規供給のピークと一致する傾向にあり、2012年中にオフィスビル空室率がピークアウトすることが見込まれます。
不動産売買市場については、2012年中に不動産向けのノンリコース・ローン(非遡及融資のこと。 ローン等の返済についての原資となる範囲に限定を加えた融資の方法)やそれらを証券化したCMBS(商業用不動産ローン担保証券)の返済期日が多数到来することが見込まれ、不動産取引が増加する可能性があると考えています。

1 2 3 4 5 6 7

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> 第11回Jリート取材レポート