米国とユーロ圏の「恐怖指標」を比べてみる

米国とユーロ圏の「恐怖指標」を比べてみる
~米国は一足早く恐怖から脱却、続いてユーロ圏も~

 これまで当方のレポートで述べてきた通り(※1)、米国における市場動向は、株価指数の動きに代表されるように、昨年10月初めを最悪期として、そこから底値切り上げ型の明るい基調に入ったように見える。この背景には、雇用情勢等の改善といった実態面からの裏付けがある。

 一方、米国市場における恐怖心理がどうなったかを見てみよう。株式市場においては、VIX指数がしばしば「恐怖指数」と呼ばれる。これは、株価指数であるS&P500のオプションの値段を取り、そこから先行きのS&P500指数の予想変動率を逆算したものだ。VIX指数が高いほど、オプションを売買している投資家が、今後の株価の動きが大きく荒れると考えていることを示す。

 また、米国企業の信用不安を測るうえでは、社債と国債の利回り格差(信用スプレッドと呼ばれる)がよく用いられる。

 そこで、米国証券・金融市場における総合的な恐怖の度合いを測るために、VIX指数と信用スプレッドの両方を合成してみた。具体的には、米国恐怖指標=VIX指数×(米10年社債利回り(BBB格)-米10年国債利回り)とした。

 この米国恐怖指標をグラフに描いてみると(図1)、昨年10月3日を恐怖のピークとして、その後は順調に市場の恐怖感が後退していることが推し量れる。これは、ダウ工業株指数の昨年初来最安値が10月3日(10655.30ドル、終値ベース)であったことと、ぴったり一致している。

(図1)

 すなわち米国市場は、いち早く昨年10月以降、恐怖からの脱却を進めていると言えよう。

(※1)たとえば、2011年12月20日付の一隅の花「不透明感が高まったものの、投資環境のさらなる悪化も考えにくい~世界市場の底抜けは回避できようが、明るさが表れるまで時間がかかろう」(2011-038)。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 米国とユーロ圏の「恐怖指標」を比べてみる