アルプスからの援軍?

アルプスからの援軍?
~ポジション巻き戻し後は、実態を見極める長期戦へ~

 世界市場は、日本時間9/6(火)夕前まで、重苦しい雰囲気に包まれていた。まず先週末(9/2、金)発表の8月分の米雇用統計において、非農業部門雇用者数の前月比での増加がなかったため、米国株が主要指数で前日比2%強の下落を見せた。これが週明けの日本を含めたアジア株の悪材料となった。

 その後は米国市場が月曜日休場のため、世界市場は様子見で終わるかと思われたところ、今度は欧州の銀行について資金繰りを懸念する声が広がり、独DAX株価指数は前日比で5%を超える暴落となった。こうした欧州発の動揺は、翌火曜日の日本及びアジア株式市場全般にも波及した。為替市場でも、ユーロの下落がじわじわと進み、一時108円割れ(安値107.84 円)となった。リスク回避的な動きから、時間外の金先物取引では、1オンス当たり1920.80 ドルの高値まで、金が買い進められた。

 ところが突然、日本時間9/6(火)午後5時過ぎに、SNB(スイス国立銀行)が、1ユーロ当たり1.20 スイスフランを下限として設定する、と発表した。SNBは、この下限レートを防衛するため、無制限に外貨を購入する準備がある、との声明を打ち出している。

 この「アルプスからの援軍」により、今週に入って1ユーロ当たり1.10~1.12 スイスフランで推移していた相場は、一気に1.20 スイスフラン超えへと、大幅なユーロ高・スイスフラン安となった(一時1.21911 スイスフランをつけた)。これが他通貨の対円相場にも波及し、スイスフラン以外の主要外貨は、対円で上昇(円安)気味に振れる展開となった。

 株式市場においては、欧州の主要株価指数や米S&P500指数先物が、一時上振れした。商品市場では、時間外取引での原油先物価格の持ち直しや金価格の下押し(高値1オンス1920.80 ドルから、1842 ドル近辺へ暴落したあと、日本時間9/6(火)午後6時頃は1900 ドル前後で推移)などの動きが生じている。

 SNBの行動が、スイスフラン相場以外に大きく影響しているのは、これまでの米国景気や欧州財政に対する不安が引き起こした、リスク回避的な投資行動(世界の株式売り、日米独の長期債買い、日本円・スイスフラン・金買い、原油売り)が、一気に巻き戻ったからである。
 
 すなわち、米国経済がこれで改善したわけでも、欧州の財政問題が解決に向かったわけでもない。しかし筆者は、最近の世界市場の波乱を、欧米の諸問題が本当に深刻であるという部分より、心理的な不安で(たとえば)世界の株価の売られ過ぎ商状が進み過ぎていた部分が大きい、と考えていた。それが先週金曜日から今週初にかけて、心理面からの不安が膨張して、売られ過ぎた株価が短期的にさらに売られ過ぎる恐れが強まっていた。こうしたリスク回避的な動きの加速化に、本日のSNBの行動が歯止めをかけた(また、ある程度は縮小させた)可能性があると考えている。

 するとリスク回避的なポジションの巻き戻しが一巡した後は、やはり世界市場は実態の見極めに入るものと考える。その見極めは、慎重な長期戦となるだろう。

 このあと実態見極めの長期戦について述べる前に、日本株の見通しについて修正を加えたい。9/1(木)付「花の一里塚」では、今年末までの日経平均の予想レンジ(メインシナリオ)を、9000~12000 円としていた。しかし9000 円を割れて下げが進み、9/6(火)の終値は8590.57 円と、8/22 の安値(二番底)8619.21 円をも割りこんでしまった。このため下値の目処としては、大震災直後の3/15 のザラ場安値8227.63 円となってしまい、このままではさらなる心理的な株価下落が進みかねない状況であった。

 しかし、本日(9/6)の世界的なポジションの巻き戻しにより、海外株価の持ち直しと円安が生じ、明日(9/7)以降の日本株価のさらなる下落に歯止めをかける可能性が高まったと判断する。これを踏まえて、「花の一里塚」の予想レンジを、8500~12000 円に修正する。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> アルプスからの援軍?